Kindle paperwhiteシグニチャーエディションは通常モデルと何が違うの?

kindle paperwhite signature

 

kindle おすすめ 比較

 

私はこれまで何百冊もの本やマンガをKindleで購入してきました。

Kindleは移動中も本を読めるし、部屋の中もスッキリといいこと尽くしです。Kindleがない生活なんて、私には考えられません。

 

kindle paperwhite

そんなKindleに「シグニチャーエディション」が新たに登場しました。

シグニチャーってなに?

特別モデルのことだよ!

 

kindle paperwhite signature

シグニチャーエディションはKindleシリーズで初めてワイヤレス充電に対応。

ワイヤレス充電スタンドにセットすることで、ケーブルに接続する必要なくバッテリーの充電が可能です。

kindle paperwhite signature

また、色調調節ライトを搭載。
周囲の明るさを感知し、自動で画面の明るさを調整してくれます。

さらにストレージも32GBもたっぷり。

ただ、「通常モデル」との違いはそれくらい。
充電スタンドとあわせると通常モデルより¥7,480も高いので、わざわざシグニチャーエディションを買う必要があるのかは疑問です。

通常モデル
シグニチャー
エディション
本体価格
(スタンドセット)
¥14,980
¥19,980
(¥22,460)
サイズ
6.8インチ
6.8インチ
容量
8GB
32GB
解像度
300ppi
300ppi
防水
ワイヤレス充電
✖️
色調調整ライト
明るさ自動調整
✖️

※2021年10月5日時点の料金です

無理して買う必要はないね

 

この記事では「シグニチャーエディション」の特徴をやさしく解説します。

  • 2021年11月発売の最新モデル
  • 価格は19,980円
  • 充電スタンド(別売)と組み合わせてワイヤレス充電が可能
  • 自動で周囲の明るさを検知して、画面の明るさを調整
  • ストレージが通常モデルの4倍(32GB)
  • その他の機能は「Kindle paperwhite」と同一

関連記事:4種類のKindle端末を徹底比較!おすすめはどれ?

シグニチャーエディションのちがい
① ワイヤレス充電

kindle paperwhite signature

Kindle paperwhite通常モデルとシグニチャーエディションの最大の違いは「ワイヤレス充電」機能の有無です。

通常のKindle PaperwhiteはUSB-Cケーブルを使って充電しますが、シグニチャーエディションはケーブルレスですっきり。

充電スピードが遅いというイメージを持つ方もいるかと思いますが、「急速充電」機能を搭載しており、わずか2時間で100%の充電が可能です。

一度フル充電すれば、最大で10週間程度利用可能。

Kindleヘビーユーザーの強い味方です。

2時間で充電できるのは嬉しいね

シグニチャーエディションのちがい
② 明るさ自動調整

kindle paperwhite signature

もう一つの大きな違いは「明るさ自動調整機能」の有無です。

2021年11月発売のKindle Paperwhiteは「色調調節ライト」を搭載。

スクリーンの色調を明るいホワイトから暖かみのあるアンバーへと調節でき、読書環境にぴったりの読み心地を提供してくれます。

そしてシグニチャーエディションはこの調節を自動で行ってくれます。機械の操作が苦手な人でもかんたんですね。

ディスプレイのサイズも6.8インチへと拡大しているので、さらに読みやすさが増大しました。

神の本と同じ読み心地!

シグニチャーエディションのちがい
③ ストレージ

ストレージの比較
通常モデル
8GB
シグニチャーエディション
32GB

続いての比較は内蔵ストレージです。

数千冊の本を保存することができるKindle paperwhiteですが、シグニチャーエディションだと容量がさらに4倍に。

32GBのストレージは、Kindleシリーズの中でも最大容量。
どんなに読書好きの方でも、読みきれない数の書籍を保存できます。

容量が大きいマンガも、8GBモデルなら約130冊、32GBモデルなら約650冊保存できます。

KindleシリーズはSDカードを挿入することができないので、本をたくさん読む方はあらかじめストレージが大きな端末を買っておくのもアリですね。

容量はあとから増やせないので注意!

シグニチャーエディションのちがい
④ 価格

楽天マガジン 料金

お値段の比較

 

通常モデル
¥14,980
シグニチャーエディション
¥19,980
シグニチャーエディション(スタンドセット)
¥22,460

良い製品なのであればお値段が高くなるのも当たり前。

Kindle Paperwhite通常モデルとシグニチャーエディションの単体価格差は¥5,000

スタンドセットと比較すると¥7,480と大きな差が出てきます。

いくらストレージが4倍だからといって、この差は大きいですね。

繰り返しますが「通常モデル」も高機能なので、無理してシグニチャーエディションを購入する必要はないと思います。

ちょっと高いね

シグニチャーエディションと通常モデルの比較

kindle paperwhite

Kindle Paperwhiteの通常モデルとシグニチャーエディションの基本性能はほぼ同じです。

ここで改めて比較しておきましょう。

通常モデル
シグニチャー
エディション
本体価格
(スタンドセット)
¥14,980
¥19,980
(¥22,460)
サイズ
6.8インチ
6.8インチ
容量
8GB
32GB
解像度
300ppi
300ppi
ライト
LED17個
LED17個
防水
ワイヤレス充電
✖️
色調調整ライト
明るさ自動調整
✖️

※2021年10月5日時点の料金です

 

ご覧の通り、ワイヤレス充電など一部の機能はシグニチャーエディションにしかありませが、その他の性能は通常モデルと変わりません。

Kindle Paperwhiteは通常モデルでも十分高機能であり、無理して高価なもモデルを買い求める必要はないと思います。

通常モデルで十分だね

Kindle paperwhite
シグニチャーエディションのまとめ

f:id:jubilove:20170905234031p:plain

  • 2021年11月発売の最新モデル
  • 価格は19,980円
  • 充電スタンド(別売)と組み合わせてワイヤレス充電が可能
  • 自動で周囲の明るさを検知して、画面の明るさを調整
  • ストレージが通常モデルの4倍(32GB)
  • その他の機能は「Kindle paperwhite」と同一

 

シグニチャーエディションはKindleシリーズで初めてワイヤレス充電に対応。

また、色調調節ライトを搭載。
周囲の明るさを感知し、自動で画面の明るさを調整してくれます。

さらにストレージも32GBもたっぷり。

ただ、「通常モデル」との違いはそれくらい。
充電スタンドとあわせると通常モデルより¥7,480も高いので、わざわざシグニチャーエディションを買う必要があるのかは疑問です。

通常モデルで十分だね!

 

1番安いKindle端末

コスパ抜群!人気No.1

最高の読書体験をあなたに

読書好きのお子様へ

 

\合わせて読みたい/

1番売れているのは「Kindle Paperwhite」だよ!
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status