Prime Readingは試す価値があるのか検証してみた【オススメ本も紹介】 | みぎいろ!

Prime Readingは試す価値があるのか検証してみた【オススメ本も紹介】

2017年10月、Amazonが新サービスをスタートさせました。

サービス名は「Prime Reading」

プライム会員限定の読み放題のサービスです。まさに電子図書館といったところでしょうか。

もともとプライム会員に加入していた私は当然喜んだのですが、ラインナップが微妙という声も多いです。

「Prime Reading」は優れたサービスなのか、それとも名前ばかりの使えないサービスなのか。

実際に使ってみて検証しました。

ワクワク!

関連記事>>>amazonプライム会員のデメリットを徹底的に検証してみた。

Prime Readingの概要

まずは全体の概要を把握しておきましょう。2017年10月時点でのラインナップは894冊。

8つのカテゴリに分かれています。

 カテゴリ
冊数
小説・評論
100冊
ビジネス・経済
112冊
趣味・暮らし
89冊
絵本・児童書
25冊
コミック
192冊
雑誌
111冊
洋書
195冊
その他
121冊

一部の本は複数のカテゴリにまたがっているため、全てを合計すると894冊を超えます。

始まったばかりのサービスということもあり、まだまだラインナップは少ないです。

あのAmazonがこのまま放置するとは思えませんので、今後のラインナップ増に期待しましょう。

MEMO
Kindle Unlimitedなら12万冊が読み放題です。月額980円ですが、初月無料なので「Prime Reading」が物足りない方はこちらをお試しください。

>> Kindle Unlimitedを無料体験する

Prime Readingの雑誌

ここからはカテゴリ毎にPrime Readingを検証します。まずは雑誌から。

Prime Readingを開くとまず目にするのが「Ray」

いやはや白石麻衣は広告塔としては最強ですな。

Rayの雑誌を買うと670円、Kindleだと500円のところ、Prime Readingだと0円

プライム会員で紙のRayを買う人は絶滅する気がします。

私が気になったのはページ数。雑誌読み放題の「dマガジン」とページ数を比較してみました。

Rayのページ数

Prime Reading:232ページ

dマガジン:231ページ

結果はほぼ同じページ数!これは電子書籍化の権利の問題でしょうね。

無料でこれだけ読めれば嬉しいね!

PrimeReadingで読み放題の雑誌
  • AERA
  • Casa Brutas
  • DIME
  • Ku:nel
  • 東京カレンダー
  • MEN’S EX

また、紙の雑誌の発売日に配信されるのも見逃せない点です!

⇒Prime Readingを31日間無料で使ってみる

Prime Readingのビジネス・経済史

Prime Readingでいちばん嬉しいのはこのカテゴリですね。

自己啓発やスキル系の本は何年経っても陳腐化しません。

Prime Readingで真っ先に表示される「仕事は楽しいかね?」も発売されたのは2001年。そこから16年も経っているのに全く古い印象を受けませんでした。

いますぐに仕事に活かせるノウハウがつまっています。ちなみにこの本は私も読みましたが、アメリカ人のサラリーマンが日本のサラリーマンと全く同じ悩みを抱えていたことが新鮮でした。

平凡な毎日を変えるヒントがちりばめられているので、Prime Readingに加入していなくてもぜひお読みいただきたい一冊です。

⇒Prime Readingを31日間無料で使ってみる

Prime Readingのマンガ

続いてはみんな大好きなマンガ
2017年10月時点でPrime Readingでは192冊のマンガが配信されています。

192冊はちょっと少ないですよね。私の「Kindle Paperwhite」内のマンガ数の方が多いくらいです。

配信されているマンガもメジャー作品は少ないです。

重度のマンガ好きならともかく、一般層の興味を惹くようなタイトルはありません。

  • インベスターZ
  • このはな綺譚
  • ギフト±1
  • あなたのことはそれほど
  • 賭博黙示録カイジ
  • 銀と金
  • 中卒労働者から始める高校生活

無料で読めるだけありがたいのですが「マンガBANG!」などといったマンガ読み放題アプリよりも見劣りします。

それ以上に残念なのが全巻配信ではないところ。

例えば「インベスターZ」は全21巻ですが、Prime Readingで配信されているのは3巻まで。Kindleのコミックセールの方が魅力的に感じます。

あ、でも「銀と金」は面白かったので4巻以降を買おうかちょっと迷ってます。(無料なので是非読んでね!)

⇒Prime Readingを31日間無料で使ってみる

Prime Readingの小説

Prime readingの小説

小説が読み放題というのはなかなか珍しいサービスです。

面白い作品はいつになっても面白いので本好きには嬉しいところ。

ただ、ここまででお察しの通り、Prime Readingのラインナップは正直微妙です。

2017年10月時点でPrime Readingで配信されている小説数は100冊。

作品数としては特に問題ないのですが、「いますぐ読みたい!」とそそられるようなタイトルはほとんどありません。

Amazonプライムビデオなどと比べると、Prime Readingのラインナップは貧弱ですね。このあたりはぜひ改善して頂きたいです。

⇒Prime Readingを31日間無料で使ってみる

Prime Reading 趣味・暮らしの本

こちらもいつの時代も役に立つ本が揃っています。

ラインナップは2017年10月時点で89冊。とはいえ、暮らし系の雑誌もこのカテゴリに含まれるので重複を排除すると作品数はさらに少なくなります。

このカテゴリは自分が抱えている悩みを解決できそうな本があればハマるものの、見つからない場合は全く興味のないカテゴリです。

どの本がピッタリ合うのかは人によりますので、まずはさっと眺めてみましょう。

オススメの本は「男の子のしつけに悩んだら読む本」

実際に男の子を育てている方はぜひ旦那さん・奥さんと一緒に読んでみてください。

「子供が危ないことをしたとき」
「子供がありがとう・ごめんなさいを言えないとき」
どういう言葉をかければ良いのか、納得できる理由付きで解説しています。

印象深かったのは、子供は”ないものねだり”ではなく、”あるもの満足”が得意だということ。子育てをしていない人でも普段の生活を見つめ直せる名著です。

この他にも子育ての本は揃っているので、ぜひ探してみてください。

⇒Prime Readingを31日間無料で使ってみる

Prime Readingの洋書

実はPrime Readingで一番冊数が多いカテゴリが「洋書」

そこを強化されても、、とちょっとトホホな感じです。

配信のほとんどが「Lonely Planetシリーズ(Travel Guide)」

軽くのぞいてみたのですが、予想に反して文字ばかりで全く楽しめませんでした…。

マンガの英語版とかあればよい勉強になるんですけどね…。

Prime Readingのまとめ

  • Prime Readingの配信作品数は894冊
  • 雑誌のページ数や更新頻度はGood
  • ビジネス・趣味カテゴリは面白い本多数
  • マンガ・小説はメジャータイトルなし
  • 洋書は期待はずれ

私が実際に「Prime Reading」を使って感じた印象はご覧の通りです。

間違いなくいえるのは「Prime Reading目当てにプライム会員に加入するのはやめたほうが良い」、というところでしょうか。

プライム会員は対象品の送料が無料になるだけでなくビデオや音楽が聴き放題の嬉しいサービスが多数揃っていますが、「Prime Reading」に関してはラインナップはイマイチ。

まだまだこれからのサービスです。

「Prime Reading」に期待するくらいなら「Kindle Unlimited」を一度お試しください。

Prime Readingの894冊にくらべて、Kindle Unlimitedには12万冊がラインナップされています。月額980円ですが、初月無料で利用できます。

特に、Prime Readingで読み放題サービスにはまった人はぜひお試しください。

>> Kindle Unlimitedを無料体験する

関連記事>>>amazonプライム会員のデメリットを徹底的に検証してみた。

▼auの方はこちらもどうぞ
auブックパスの読み放題プランを無料体験する前に知っておきたいこと

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status