Kindle OasisのNewモデルは”買い”なのか? | みぎいろ!

Kindle OasisのNewモデルは”買い”なのか?

kindle oasis

2017年10月31日『Kindle Oasis』が生まれ変わります。

「Kindle Oasis」は現在発売されている5種類のKindle端末の最上位機種

しかし性能とお値段が全く釣りあっておらず、オススメできない商品でした。

全く日の当たらなかったKindle Oasisですが、2017年10月31日に発売されるNewモデルは「防水対応」!

基本性能も大きくパワーアップしており、魅力的な端末へと進化を遂げました。

これでお風呂に長時間つかって本を読むことできます!

ただし、Kindle Oasisも良いことばかりではなく欠点もあります。

この記事では初めてKindle端末を買う方向けに、Kindle Oasisの魅力と欠点を、ポイントを絞ってお伝えします!

やさしく解説するよ

Kindle端末の種類

kindleの種類

『Kindle Oasis』は現在5種類発売されているKindle端末の最上位モデル

  • Kinlde:¥8,980
  • Kindle Paperwhite:¥14,280
  • KindlePaperwhiteマンガモデル:¥16,280
  • Kindle Voyage:¥23,980
  • Kindle Oasis:¥33,980

amazonプライム会員なら4000円引きのクーポンが使えますが、それでもKinde Paperwhiteと比べると3倍近いお値段です。

MEMO
Kindle Oasisはストレージによってお値段が変わります。8GBは¥33,980、32GBは¥35,980です。

Kindle Oasisの旧モデルは4GBで¥35,980、さらにプライム会員割引も使えなかったため、あわせて6000円以上安くなりました!

Kindle Oasisの旧モデルを買った人が可哀想になるくらいの進化です。

すごく安くなってる!

Kindle Oasisの魅力

 

さて、お値段に見合った性能があるのでしょうか?Kindle Oasisの魅力を紹介します!

魅力① 小型&軽い

kindle oasisの大きさ

最上位モデルだけあって、Kindle Oasisは軽量設計!

Kindle端末はどれも6インチでしたが、Kindle OasisのNewモデルは初めて7インチに!

画面が大きくなって読みやすくなったのに、重さが変わらないなんてスゴイですよね!

大きさ
重さ
Kindle
6インチ
161g
Kindle Paperwhite
6インチ
205g
Kindle Paperwhite
マンガモデル
6インチ
205g
Kindle Voyage
6インチ
205g
Kindle Oasis
7インチ
194g

なお、最安値のKindle(無印)を含め、全てのKindle端末が軽いです。重さは全く気になりません。

電車で片手読みもできますし、カバンに入れても全く気になりません。カバンに手帳をもう1冊入れるような感覚です。

また、バッテリーが6週間もつため、カバンに放置しても、読みたいときにいつでも活躍してくれます!

まさに気軽に使える端末ですね!

持ち運び楽チン

魅力② ページめくりボタン

kindle oasisのページめくりボタン

Kindleの上位モデルである「Kindle Voyage」と「Kindle Oasis」にはページめくりボタンがついています。

Kindle端末はレスポンスが悪く、画面に触れても反応しないことがあります。ページめくりボタンがあればそんな心配は不要!

ストレスなく、スムーズにページを切り替えることができます!

魅力③ ストレージが豊富

kindle oasisのストレージ

Kindle端末のストレージは4GBが基本。小説を読むだけであれば全く問題ありませんが、マンガ好きには物足りない容量です。

これに応えてKindle Paperwhiteマンガモデルが登場しましたが、実質1機種しか選べない状況でした。

ストレージ
Kindle
4GB
Kindle Paperwhite
4GB
Kindle Paperwhite
マンガモデル
32GB
Kindle Voyage
4GB
Kindle Oasis
8/32GB

Kindle OasisのNewモデルは8GBと32GBが選択できるのでマンガ好きも安心!

8GBなら140冊、32GBなら650冊のマンガを保存できます。

しかもマンガを読む機能が大幅にアップ!

  • 快速ページターン
  • 画面長押しで高速めくり
  • 大画面で見開き表示
  • シリーズごとにまとめて表示

Kindle端末はページめくりのスピードの遅さ課題でしたが「快速ページターン」で改善!

見開き表示に対応し、Kindleシリーズ最大の画面サイズと画素数で大迫力のシーンを楽しめます!

また、ライブラリでマンガがシリーズごとに表示されるようになり、読みたい巻がすぐに見つかります。

マンガ好きには嬉しい機能ばかり!

魅力④ 防水対応

kindle oasisの防水性能

Kindle Oasis Newモデルの1番の魅力はコレ!

Kindle端末で初めて防水に対応しました。これでお風呂に浸かってゆっくり本を読むことができます。

防水性能はIPX8等級。水深2メートルまで最大60分耐えられるので、うっかり水に落としても安心です。

Kindleの使い方の幅が広がりますね!

お風呂でのんびり読書♪

その他の魅力

kindle
これまでのKindle端末にもあった数々の魅力を備えています。

  • 紙のように読みやすい文字
  • 目に優しいフロントライト
  • 明るさの自動調整
  • 文字サイズを自由に調整
  • 気になる箇所にメモできる

紙の本好きの人も、心変わりしそうですね!

さすが最上位モデル!

Kindle Oasisの欠点

Newモデルだけあって良いところばかりが目立つKindle Oasisですが、ここで欠点も確認しておきましょう。

Kindle Oasisの欠点① 白黒

kindle oasisのカラー

Kindle Oasisだけではなく、Kindle端末全てに共通する特徴ですが、画面が白黒です。

カラーのマンガや雑誌、書籍を読むには向いていません。これが理由で、私はKindle PaperwhiteからFireHDタブレットに買い換えました。

Kindle Oasisは¥33,980と高い買い物です。そんな高い端末なのに、画面が白黒なのはやっぱり寂しいですね。

カラーの端末が欲しい人はFireタブレットにしましょう。

カラーの本が読めない…

Kindle Oasisの欠点② 高い

旧モデルと比較して6000円安くなったKindle OasisのNewモデルですが、それでも¥33,980と高額です。

単に電子書籍端末が欲しければ¥14,280の「Kindle Paperwhite」がもっともオススメです。(クーポンを使えば¥10,280)

ここで「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」を比較してみましょう。

Paperwhite
Oasis
値段
¥14,280
¥33,280
値段(割引)
¥10,280
¥29,980
解像度
300ppi
300ppi
バッテリー
約6週間
約6週間
ストレージ
4GB
8/32GB
ページめくりボタン
なし
あり
防水性能
なし
あり

約3倍も値段が違うのに、性能はほとんど変わりません。

Kindle Oasisはコスパが悪い商品です。(というかKindle Paperwhiteがコスパ良すぎ…)

防水性能は確かに魅力的ですが、防水対応のタブレットを購入してKindleアプリを購入した方がはるかにコスパが良いです。

ページめくりボタンは確かに便利ですが、タブレットのページ切替速度には劣ります。

Newモデルですが、冷静に評価しましょう。

3万はちょっと高いな…

Kindle Oasisよりオススメの端末

ここからは「Kindle Oasis」をちょっと高いと感じている人向けに、オススメの端末を紹介します!

オススメ①Kindle Paperwhite

kindle paperwhite

「Kindle Oasisよりオススメの商品は?」と聞かれて、真っ先に思いつくのが「Kindle Paperwthite」です。 マンガを読む人であれば絶対にマンガモデルですね。

「Kindle Paperwhiteマンガモデル」はなんと約700冊のマンガを保存できます。

「Kindle Paperwhite」「Kindle Voyage」の8倍の容量です!(4GB→32GB)

お値段もKindle Oasisの3分の1です。

関連記事>>>Kindle Paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

オススメ②FIreHD8タブレット

firehd8タブレット

私がKindle Paperwhiteを使っているかというとちがいます。

私が現在使っているのは「Fire HD8タブレット」です。

私も以前は「Kindle Paperwhite」を使っていたのですが、以下の理由から買い直しました。

  • カラーではなく白黒であること
  • ページめくりのレスポンスが悪いこと
  • ページジャンプがしづらいこと
特にカラーでないことは致命的です。

kindleの白黒画面

白黒のマンガや小説を読むだけであればほとんど問題ありませんが、表紙まで白黒だとやっぱり味気ないです。

▼Fire HD8はカラー

fireタブレットのカラー画面

また、解説書などのカラーの本はその時点で購入対象外となります。最近はカラーのマンガも増えてきましたよね。

電子書籍端末はその仕組み上、カラーにすることは絶対にできません。

また、amazonプライム会員であれば4000円引きのクーポンがいつでも使えます。プライム会員は年間3900円なので絶対お得ですね!

  • Kindle Oasis:¥33,980(¥29,980)
  • Fire HD 8:¥11,980 (¥7,980)

「Kindle Oasis」のページめくりボタンより、Fire HD8のページめくりの方が高速です。 Fire HD8の方が安いのに使いやすいってのはどういうことでしょう?

関連記事>>>FireHD8タブレットを買う前に知っておきたいこと

オススメの端末③iPad

iPad

さて、さきほどKindle OasisよりFire HD8の方がオススメだと説明しました。

ただ、もう少し余裕がある方はぜひiPadの購入を検討してみてください。

FireHD8はお値段が安くコスパが最高なものの、やはり廉価タブレット。

いきなり操作が効かなくなったり、「Amazonアプリストア」に登録されているアプリしか使用できないなど、安いなりのデメリットは確かに感じられます。

私はFireHD8を「Amazonビデオ」「Kindle」専用のサブ機として使用しているので全く問題ありませんが、メイン機として使用するのであればiPadをオススメします。

Kindle Oasisはこんな人にオススメ

以上の点を踏まえると、Kindle Oasisをオススメするのはこんな人です。

  1. amazon大好き
  2. 紙の本に近い感覚で本を読みたい
  3. お風呂でも使いたい
  4. たくさん保存したい
  5. 少しでもストレスを減らしたい

単に電子書籍デビューしたいだけであれば「Kindle Paperwhite」にしましょう。

いきなりKindle Oasisを買うのはもったいないかも…

Kindle Oasisのまとめ

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • Kindle Oasisは最上位モデル
  • お値段は¥33,980
  • プライム会員なら4000円割引
  • Kindle端末で初めて防水対応
  • ストレージが大幅に増加!
  • 画面は白黒
  • カラーの電子書籍も読みたければ「Fire HD8」がオススメ

「新モデル」という情報だけに飛びつかずに、よく吟味して、自分自身にあった電子書籍端末を見つけてくださいね!

>> Kindle Oasisを購入する

関連記事>>>Kindle端末を徹底比較!自分に合った端末を超簡単に決める方法

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status