【感想】青くて痛くて脆いは住野よるの最高傑作だったのか ※ネタバレ | みぎいろ!

【感想】青くて痛くて脆いは住野よるの最高傑作だったのか ※ネタバレ

僕たちは、あの頃なりたかった自分になれたのだろうか。

住野よるさんの最新著書「青くて痛くて脆い」を読みました。

いやー、青くて、痛くて、脆かったですね。
まさにピッタリのタイトルでした。

青春小説なのにわずか30ページでメインヒロインが死んだときは「えええええ!!」と思わず叫んでしまいましたが、住野先生に騙されました笑

痛いし青くさくて見てられない
冒頭数ページを読んで、このタイトルは秋好のことだと思って読み進めましたが、ちがいましたね。

もちろん、これは主人公「田端楓」に向けられたタイトル

自分もこんな時期あったなー。

田端楓の距離感

青くて痛くて脆い

いきなりですが、私はこの作品の主人公のことが嫌いです。

人見知りが嫌いってわけではありません。実際、私も人見知りですし。

あらゆる自分の行動には相手を不快にさせてしまう可能性がある。

こんな寡黙な楓ですが、秋好と同じ、いや秋好以上の理想論の持ち主でした。
川原さんに言わせれば、自信家ですね。

信じられなかった。信じたくもなかった。僕らは一緒に、理想だけを見てきていたんじゃなかったのか。

変わってしまった秋好を、そのままにしておくわけにはいかない。そんなの駄目に、決まっている。

楓は秋好に強すぎる期待と理想を抱いています。

秋好と距離を取っておきながら、「秋好はこうあるべきだ」「モアイはこうあるべきだ」と決めつけています。しかも自分の意見を全く口にせずに。

中身も見ずに嫌いっていってきたから、ちゃんと見て嫌っとくのもいいんじゃね

董介のこの言葉は、楓の心に全く響かなかったのでしょうか。

秋好は本当に変わってしまったのか。
なぜ変わってしまったのか。

秋好を話そうともせず、秋好を理解しようとするような行動を全く取りませんでした。

秋好=ヒロの衝撃

青くて痛くて脆い

さて、その秋好は住野先生により30ページで殺されかけましたが、彼女が死んだのは楓の頭の中だけでした。

あの時笑った秋好はもうこの世界にいないけど。

このフレーズを見た時は、「君の膵臓をたべたい」のデジャブかと思いました。

根暗な男の子と明るい女の子の組み合わせですしね。

しかし、一番の理由は別だ。理想を掲げ理想に生きる唯一無二のリーダーを永遠に失ったことだ。それ以上には、ない。

奴こそがモアイを統べる人間で、僕と董介にとってのラスボス。ヒロと呼ばれる、現リーダー。

こんなこというものだから、てっきり秋好が交通事故か何かで死んだとばかり思っていました。

リーダーの名前も男を想像させる”ヒロ”
バーベキュー会場での会話を聞くまでは完全に男だと思っていました。

モアイのたった一人のリーダーである秋好が、ヒロというあだ名で呼ばれるようになった原因は…

そうしておきながら、197ページであっさり秋好=ヒロの存在をバラす住野先生

「青くて痛くて脆い」を読んでいて気になったのは、秋好が何をしたかったのか分からなかったこと。

「四年間でなりたい自分になる」という信念を掲げておきながら、なぜ就活サークルになってしまったのか。ここは楓じゃなくても疑問に思います。

叶えたいものに辿り着くために、手段と努力と方法がいるの。それを、考えてやってきた。

秋好

秋好はこう主張していますが、さっぱりわかりませんね。企業に名簿を渡すことへの、秋好なりの正義感を聞きたかったのですが、この作品では描かれませんでした。

再会と口論

秋好と楓の口論は、全面的に秋好に同意です。

もちろん、学生の名簿を企業に渡すことは完全NG。とはいえ、楓の行動は全く褒められたものではありません。

テンと社会人の淫らな関係を暴いてやろうと躍起になっていた頃はまだ可愛かったのですが、誹謗中傷用のSNSアカウントを作ったあたりから、楓に全く感情移入できなくなりました。

川原さんは「他人の不幸を笑うゴミ」と表現していましたが、私も安全圏から悪口を浴びせる人が大嫌いです。

自分の意図と違う行動をする人には、どんなことをしても良いと考えてるのでしょうか…?

秋好と口論になったときの言葉が印象的です。

時間が経てば、変わるものもあるなんて当たり前でしょ。

秋好

何度だって訊いた、このままで良いのかって。でもその時に何も答えなかった癖に、今さらになって、報復みたいなこと、人として、間違ってる

秋好

気に入らなかったら、あの時、周りの誰かに相談するくらいできたはずでしょ!

秋好

正直なところ、楓の行動を快く思っていなかっただけに、秋好の言葉には「よくぞ言ってくれた」と感じました。

ただ、、ここからが脆かった…。

青くて、痛くて、脆い

「青くて痛くて脆い」はここからが真骨頂。

間違っていた。
間違っていたんだ、僕が。

報告会の動画を見た楓は、ようやく自分の過ちに気づきます。

秋好が傷つくのなんて、本当は見たくなかったんだ。

僕は、秋好の人格を、無視して、考え、行動を決めていた。つまり、彼女を人間として見ていなかった。

昔のモアイを取り戻すことが、秋好のためにもなると思って行動していた楓。
しかし、その考えは理想論ではなく、楓の”欲望”でしかありませんでした。

秋好が、僕のことだけを見てくれなくなる、と思ったんだと、思います

僕は、僕は、ずっと、あそこにいたかったんです。あの場所がずっと続けばいいと、それだけ、それ、で、本当に、それだけ。

青いな…、痛いな…、

自分の行動がいかに幼かったことに気づいた楓。でも、もうその場所は戻ってきません。

傷ついたから、傷つけていいなんて、はずがないのに。やってみたら後悔と恥が残っただけだった。

青春が終わる。
傷つきながら。傷つけながら。

この帯を書いた人はセンスの塊ですね。

青くて痛くて脆いの感想

誰にだって、やり直したいことはあるはずです。私も、他人の行動を決めつけ、全く理解しようとしなかった過去があります。

やり直したい、でも取り戻せない…。

僕は、僕は、ずっと、あそこにいたかったんです
あの場所がずっと続けばいいと、それだけ、それ、で、本当に、それだけ

このフレーズはまさに「青春」ですよね。

発売前、住野よる先生が最高傑作と何度もつぶやいていたので、かなり期待して読んだ本作。

僕の大好きな住野よる先生らしい独特の言葉遣いは随所にみられたものの、心を「ぐわーーー」っとえぐられるような箇所はほとんどなかったのは残念。ちょっと期待値を上げすぎたのかな。

ヒロインが何を考えているのか、ここまで描かれない青春小説も珍しいですよね。

登場人物の中では、自然体なポンちゃんが1番好きかな。

最後に、好きなフレーズをひとつ

私の好きな適当で軽薄な先輩を返せっ

住野よる作品を楽しもう!

現在発売されている住野よるさんの著書は5作品。どれも住野よるさんらしい独特の言葉使いと心情描写が魅力です。

絶対に読んで欲しい大ベストセラー

幸せってなんだろう。
ちょっと見つめ直してみませんか?

ばけもの正体とは?人間関係に悩んでいる学生さんに是非読んで欲しい作品

特別にみえてありふれた物語
高校生らしい感性が蘇ってきます。

青春が終わる。

これは、喪失のその先の物語。

 

関連記事

住野よる全5作品 おすすめランキング 【保存版】 君の膵臓をたべたい 映画 感想 ネタバレ 映画感想「君の膵臓をたべたい」で最後まで好きと言わなかった理由 ※ネタバレあり 君の膵臓をたべたい 映画と原作の違いまとめ ※ネタバレあり 「また、同じ夢を見ていた」のわかりやすい解説・ネタバレ【住野よる】 解説|よるのばけものを3回読み返してわかったこと ※ネタバレ 住野よる「かくしごと」感想ネタバレ 特別な能力なんていらない 【感想】青くて痛くて脆いは住野よるの最高傑作だったのか ※ネタバレ
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status