11種類のスマートスピーカーの中で1番安いのはどれ?【最安値】 | みぎいろ!

11種類のスマートスピーカーの中で1番安いのはどれ?【最安値】

amazon echo

\期間限定 Echo dotが45%OFF/
セール価格を見る 

 

スマートスピーカーはたくさん販売されているので、どれがオススメなのか分かりにくいですよね。

この記事では、日本で販売されている11種類のスマートスピーカーを安い順に紹介します。

LINEClova Friends mini5,480円
AmazonEcho dot5,980円
GoogleGoogle Home Mini6,480円
LINEClova Friends8,640円
AmazonAmazon Echo11,980円
LINEClova Wave14,000円
AmazonEcho spot14,980円
GoogleGoogle Home15,120円
AmazonEcho plus17,980円
SONYLF-S50G26,870円
AmazonEcho show27,980円

 

echo spot

私のおすすめは音声だけでなくタッチスクリーンでも操作できる「Echo spot」です。

困ったら解決策を画面に表示してくれるので、機会音痴な方でも安心して使えます。

スマートスピーカー

画面付きがやっぱり便利!

スマートスピーカー価格ランキング
Clova Friends mini 5,480円

clova friends mini

価格5,480円(税込)
発売日2018年6月1日
発売元LINE
音声AIClova
長所コンパクトで手のひらサイズ
音声操作でLINEメッセージが送れる
バッテリー内蔵
短所スピーカー性能はイマイチ
Clova対応家電が少ない

LINIEが販売するスマートスピーカー「Clova Friends mini

Amazon EchoやGoogle Homeと比較して、「Clova Friends」のスピーカー性能はイマイチ。

また、音声認識「Clova」の性能もAlexaやGoogle Assistantには及びません。

LINE Clovaにしかできないこと
  • 音声操作でLINE通話やLINEメッセージを送信できる
  • 4,700万曲のLINEミュージックと連携できる
  • ドラえもんやミニオンと会話できる

clova friends mini

1番の長所は可愛らしいデザインでしょうか。

ドラえもんやミニオンと会話ができ、コンセントに繋がなくても使用できるので子供部屋での使用にピッタリです。

お子さんがいる家庭にぴったり

スマートスピーカー価格ランキング
Amazon Echo dot 5,980円

echo dot

価格5,980円(税込)
発売日2018年10月30日(第3世代)
発売元Amazon
音声AIAlexa
長所1番安いEchoデバイス
コンパクトでどこにでも設置可能
短所音質はイマイチ

まずはスマートスピーカーを体験してみたい方はAmazonの「Echo Dot」がおすすめです。

「Echo dot」は車にも設置できるコンパクトさが魅力。

2台以上購入してリビングと寝室など、家中に「Echo Dot」を設置している方も多いです。

1番売れているEchoデバイスだよ

関連記事:Echo dotの使い方やメリットとデメリットをやさしく解説

スマートスピーカー価格ランキング
Google Home mini 6,480円

google home mini

価格6,480円(税込)
発売日2017年10月23日
発売元Google
音声AIGoogle Assistant
長所コンパクトでどこにでも設置可能
賢さはGoogle Homeと同じ
短所スピーカー性能はイマイチ

Google Homeの廉価版「Google Home Mini
廉価版といってもGoogle Assistantの賢さは「Google Home」と全く同じ

Alexaよりも会話のテンポや音声認識に優れており、ストレスなく音声操作ができます。

Google Homeとのちがいは大きさとスピーかー性能だけです。

小型のためスピーカー性能はイマイチですが、Google Home miniはコンパクトなため好きな場所に設置できます。

音質にこだわるのであればAmazonの「Echo Plus」やSONYの「LF-S50G」がおすすめです。

Chromecast」というデバイスをテレビやモニターに挿せば、音声操作でYouTubeやNetflixの動画を再生できますよ。

google home mini

カラーは4種類!

スマートスピーカー価格ランキング
LINE Clova Friends 8,640円

line clova friends

価格8,640円(税込)
発売日2017年12月14日
発売元LINE
音声AIClova
長所コンパクトで手のひらサイズ
音声操作でLINEメッセージが送れる
バッテリー内蔵
短所スピーカー性能はイマイチ
Clova対応家電が少ない
セール情報
2018年11月現在、65%OFFで購入できます。
>> Clova Friendsを購入する

 

LINIEが販売するスマートスピーカー「Clova Friends

一部のモデルは65%OFFで販売されており、日本で1番安く購入できるスマートスピーカーといっていいでしょう。

Amazon EchoやGoogle Homeと比較して、「Clova Friends」のスピーカー性能はイマイチ。

また、音声認識「Clova」の性能もAlexaやGoogle Assistantには及びません。

LINE Clovaにしかできないこと
  • 音声操作でLINE通話やLINEメッセージを送信できる
  • 4,700万曲のLINEミュージックと連携できる
  • ドラえもんやミニオンと会話できる

1番の長所は可愛らしいデザインでしょうか。

AlexaやGoogle Assistantの対応家電は続々と発売されていますが、Clova対応家電が今後爆発的に増えるのは想像しづらいため、他のスマートスピーカーをおすすめします。

スマートスピーカー価格ランキング
Amazon Echo 11,980円

amazon echo

価格11,980円(税込)
発売日2017年11月15日
発売元Amazon
音声AIAlexa
長所「Echo dot」より音質が向上
短所スマートホームハブは非搭載

Amazon Echo」はコレといった特徴がない平均的なデバイスです。

「Echo dot」や「Echo spot」よりは音質は優れているものの、画面は付いていませんし、スマートホームハブもありません。

「安いスマートスピーカーが欲しいけど、音質にはそれなりにこだわりたい」という方は「Amazon Echo」をどうぞ。

スマートスピーカー価格ランキング
LINE Clova WAVE 14,000円

clova wave

価格14,000円(税込)
発売日2017年10月5日
発売元LINE
音声AIClova
長所音声操作でLINEメッセージが送れる
バッテリー内蔵
短所スピーカー性能はイマイチ
Clova対応家電が少ない
セール情報
2018年11月現在、71%OFFで購入できます。
>> Clova Waveを購入する

 

Clovaシリーズの最上位モデル「Clova WAVE
20Wウーファーと2つのツイーターで豊かなサウンドが楽しめます。

LINEが販売する製品ということもあり、音声操作でLINEメッセージを送信したり、LINE ミュージックと連携できることが特徴です。

バッテリーを内蔵しているので、電源に接続しない状態での使用が可能です。

Amazon EchoやGoogle Homeと比較して、「Clova Wave」のスピーカー性能はイマイチ。

AlexaやGoogle Assistantの対応家電は続々と発売されていますが、Clova対応家電が今後爆発的に増えるのは想像しづらいです。

スマートスピーカー価格ランキング
Amazon Echo spot 14,980円

echo spot

価格14,980円(税込)
発売日2018年7月26日
発売元Amazon
音声AIAlexa
長所画面付きで安心操作
コンパクトで部屋に馴染むデザイン
ビデオ通話ができる
短所音質はイマイチ

機会が苦手で設定が不安な方は「Echo Spot」がおすすめです。

Echo dotなど、他のスマートスピーカーは設定にスマホが必要で、設定が面倒です。

Echo spotであれば必要な作業を全て画面に表示してくれるので、誰でもかんたんに設定できます。

置き時計やフォトフレームとしても活躍してくれますよ。

画面付きはやっぱり便利だよ!

関連記事:Echo spotの評判|両親やお子さんとかんたんにビデオ通話できる

スマートスピーカー価格ランキング
Google Home 15,120円

google home

価格15,120円(税込)
発売日2017年10月6日
発売元Google
音声AIGoogle Assistant
長所日本語の音声認識が優秀
短所スピーカーが貧弱

Google Homeは「OK、Google」で起動するGoogle Assistantを搭載。

Alexaよりも会話のテンポや音声認識に優れており、ストレスなく音声操作ができます。

Amazon Echoは話しかけても聞き取ってもらえないことも多いですが、ここはGoogleに1日の長があります。

Google Home miniよりも大きなスピーカーを搭載しており、低音もくっきりと再生できます。

それでも、スピーカー性能を物足りなく感じている方も多いため、音質にこだわるのであればAmazonの「Echo Plus」やSONYの「LF-S50G」がおすすめです。

Google Homeだけの機能として、「Chromecast」というデバイスをテレビやモニターに挿せば、音声操作でYouTubeやNetflixの動画を再生できます。

テレビがスマートテレビに変身!

スマートスピーカー価格ランキング
Amazon Echo plus 17,980円

echo plus

価格17,980円(税込)
発売日2018年10月30日
発売元Amazon
音声AIAlexa
長所音質は抜群
スマートホーム家電をかんたん操作
Hueランプもセットで付属
短所お値段が高額

Amazonの「Echo dot」と「Echo spot」はスピーカー性能が貧弱。
スピーカー性能を重視するなら「Echo Plus」ですね。

Echo Plus」はスマートホームハブが内蔵されており、スマート家電をかんたんに操作できます。

電球などのスマート家電は、スマホや音声だけでは直接操作できず、中継機(ハブ、ブリッジ)を用意する必要があります。

Philpsのスマート電球「Hueランプ」を操作するためのハブは7,146円と高額です。

「Echo plus」はスマートホームハブを内蔵しているので、このハブを購入する必要はありません。

echo plus

2018年11月現在、「Echo plus」を購入すると、3,356円の「Hueランプ」が無料でもらえます。

スマート家電を使いたい方は、迷わず「Echo Plus」を購入しましょう。

3,356円のスマート家電が無料はスゴイ!

関連記事:Echo plusのメリットやデメリット、echoとの違いをやさしく解説

スマートスピーカー価格ランキング
SONY LF-S50G 26,870円

sony lf-s50g

価格26,870円(税込)
発売日2017年12月9日
発売元SONY
音声AIGoogle Assistant
長所ソニー製の高音質設計
ジャスチャで操作できる
短所お値段が高額

「Google Home」や「Amazon Echo」と比較すると知名度は低いですが、スピーカー性能を重視するのであればSONYの「LF-S50G」が1番です。

ソニーならではの高音質設計。音量を上げても割れにくく、高音域もバッチリ。

360度サウンドで部屋の隅々まで立体的に音を放射して、室内のどこにいても快適に音楽を楽しむことができます。

ジャスチャーコントロールにも対応しており、手が濡れていたり汚れたりしている時でも、とっさに操作できて便利です。キッチンでの使用に最適ですね。

音質にこだわるのであれば「SONY LF-S50G」がおすすめです。

音にこだわるならソニー製が安心だね!

スマートスピーカー価格ランキング
Amazon Echo show 27,980円

echo show

価格27,980円(税込)
発売日2018年12月12日
発売元Amazon
音声AIAlexa
長所10.1インチのタッチスクリーン付
ビデオ通話が可能
短所お値段が高額

10.1インチのHDタッチスクリーンがついてさらに便利に。

スマートスピーカーというよりも、「音声操作もできるタブレット」といったほうが適切かもしれませんね。

Echo ShowやEcho Spot、Alexaアプリを持つ家族や友達とかんたんにビデオ通話が楽しめます。

「Echo Plus」と同様にスマートホームハブを内蔵しているので、対応家電の操作もかんたんです。

お値段が27,980円と高額ですので、もう少し安くなるといいですね。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status