みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高22万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

【感想】ザ・マミー/呪われた砂漠の王女がつまらなかった理由を考える

▼おすすめ記事Kindle paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

f:id:jubilove:20170730112401j:plain

 

そこには"邪悪"が眠る

5000年封印された"究極の悪"が解き放たれる

 

壮大なキャッピコピーで公開された「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

 

うーん、時間を無駄にした…

 

トム・クルーズが出てるから一応観ておくか程度だったんですが、完全に期待ハズレでした。いや、期待もそんなにしていなかったのでハズレ作品でした。

 

映画の途中で半分寝そうになったのは久しぶりです。

 

マミーとはミイラのこと。

往年のモンスター映画作品をリメイクする「ダーク・ユニバースプロジェクト」。その第一弾はなんと85年前に公開された『ミイラ再生』のリメイクです。

 

今後も「ドラキュラ」「透明人間」「狼人間」「フランケンシュタイン」などのリメイクが検討されている模様。

 

ただ、本当にシリーズ化されるのかも怪しいくらいのガッカリ作品でした。海外の反応も良くないみたいですね。

 

この記事では「ザ・マミー」がなぜ失敗したのか振り返っていきます。

 

 

ザ・マミーの良かったシーン

 

 批判だけするのは簡単ですが、良かったシーンも振り返っておきます。

 

飛行機落下アクション 

 

ホラー映画としてもアクション映画としてもイマイチな『ザ・マミー』ですが、飛行機落下シーンは見事でした。

 

「どうやったらこんなシーン撮影できるんだろう?」と唸らされました。超スピードで落下すると機内ではほとんど身動き取れないんですね。

 

ジェニーを脱出させた後どうするのかと思いましたが、即死オチでした。あれだけの衝撃なら人体もバラバラになっていそうですが、そこが無事だったのはちょっと気になりました。

 

その他のアクションでは、ふっとんでくるバスをドアから入って回避するシーンも印象的でした。

 

ミイラの怖さ

 

ホラー映画かというとそれほどではありませんが、特に前半アマネットが復活するまで、画面にチラリとうつるミイラとその動きは怖かったです。変な表現ですが、怖かわいい動きでした笑

 

ミイラが突然現れるシーンが連続して、観ている側からすると気持ちを落ち着かせるタイミングがほとんどなくドキドキしました。

 

ホラー映画好きからすると物足りないかもしれませんが、ああいうのが得意ではない観客には充分でしたね。

 

ザ・マミーがつまらない理由

 

続いて「ザ・マミー」が酷評されている理由を考えていきます。

 

アマネットの目的が分からない

 

現代に蘇った王女アマネット

 

何で蘇ったのでしょうか?

 

次期女王になれずに憎悪を募らせていたのは分かります。でも憎悪の対象がいない現代で、その鬱憤を晴らそうとする理由がイマイチです。

 

公式パンフレットを読むと

何者かに盗まれたオシリス石を探し出し、セト神復活の儀式を再び行うため

と記載があります。

 

しかし、「セト神復活」にどんな意味があるのかがさっぱりわかりません。古代エジプト好きな方にはピンとくるかもしれませんが、背景を知らない観客からするとアマネットの行動原理がよくわかりません。

 

仮に「セト神復活」ができたとして、次に何をしたかったのでしょうか?

 

世界を制服するわけでもなく、かつて自分を苦しめた人に復讐するわけでもない。単にトムクルーズとケンカしていただけです。全然面白くない。

 

女王になりたいのであれば、その目的だけに集中すればいいのにね。

 

トムクルーズのキャラが立っていない

 

特殊な生い立ちがあるわけでもない、特殊な能力があるわけでもない。

 

トムクルーズが普通の男性を演じただけ。

そりゃあ面白くないわ。

 

トムクルーズが演じた「ニック・モートン」の公式の設定は

金儲けのために働く兵士。戦闘地域で貴重な遺物を略奪し、最高値をつけた人物に売りさばいている。

ただし、ニックが金儲けのために行動したのは序盤の20-30分程度。その場面で金に汚い印象がすりこまれたわけでもないため、その後いくらジェニーに「あなたは善い人」と言われてもピンときませんでしたね。

 

途中、修道院でジェニーを置き去りにして車を走らせたシーンは主人公とは思えませんでした。

 

ただの女遊び野郎ですね。

トム・クルーズファンの方はあれで満足なのでしょうか?

 

 

ザ・マミーのストーリーが分からない

「ザ・マミー」のストーリーをひとことでいうと、「アマネットが復活し、倒される話」

 

うん、面白味がない。

何で復活したの?(再掲)

 

ストーリーはそれしかなくて、それを2時間延々と引き伸ばしてやってるだけだから面白味がないよね。

 

途中、第3の存在である「プロディジウム」が現れたものの、彼らの「セト神を復活させて殺す」という目的も理解できません。

 

エジプト映画でこの辺の説明がないのが当たり前だとしたら、当分エジプト関連映画は見ないかな…。

 

 

ザ・マミーの楽しみ所がわからない

 

前半部分はひたすら「怖っ!」て思うシーンがたくさんありました。でも後半はホラーなのかアクションなのかいずれにしても中途半端です。

 

際立って怖いかというと微妙だし、際立ってアクションが凄いかというと微妙です。

 

「ミイラの怖さを感じ取る映画」と理解するのが一番なのでしょうか?

 

ザ・マミーの評判・口コミ

 

ということで、私が言える感想はこのくらいです。あとは特に感情が湧かなかったので、Twitterから感想を集めてみました。

 

映画評価サイトだと低評価が目立ちますが、Twitterだと割と好評ですね。