読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間8万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

【感想】世紀末の魔術師はコナン映画で1番神秘的な作品

f:id:jubilove:20170424224606j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画の3作目。1999年に公開され「世紀末の魔術師」という表現がピッタリ!

服部平次、灰原哀といった主要キャラが初登場。(高木刑事も)

 

コナン映画の常連となった怪盗キッドのデビュー作であり、メモリーズエッグの演出がとにかく神秘的な作品です。

 

2016年のコナン映画人気投票では7位にランクインしています。

 

続きを読む

【感想】瞳の中の暗殺者こそ象徴的コナン映画作品

f:id:jubilove:20170424211753j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

  

蘭ちゃんが記憶喪失になったことで有名な「瞳の中の暗殺者

 

 2016年のコナン映画人気投票では3位にランクインしています。

 

そして終盤には名探偵コナンという作品を終わらせかねないセリフまで登場(ノーカウントになりましたが笑)

 

蘭が記憶喪失になる理由から、記憶を取りもどす過程まで、ストーリー構成としては歴代No.1の作品ではないでしょうか!

 

続きを読む

【感想】天国へのカウントダウンのラストシーンを超えるコナン映画は存在しない

f:id:jubilove:20170424201959j:plain

 

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

  

コナン映画全作振り返ろう企画の5回目は「天国へのカウントダウン

 

コナン映画全作品で少年探偵団が最も輝いた作品であり、2016年の公式映画ランキングでは4位に輝いています。

 

ジンとウォッカが映画初登場。作ったばかりのビルを爆破する暴れっぷりをみせますが、コナン映画だと過激に見えないのが不思議です(笑)

 

天国へのカウントダウンといえば、なんといってもラストのビルを飛び移るシーン!コナンがあまり好きではない人でも一発でも思い出せる名シーンです!

 

当時は派手なアクションシーンが少なかったので、なおさら印象に残っています。

 

なんといっても歩美ちゃんがかわいい天国へのカウントダウンは、コナンファンなら誰もが大好きな作品です!

続きを読む

【感想】ベイカー街(ストリート)の亡霊はコナン映画歴代最高作品か?

f:id:jubilove:20170423122040j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

  

シャーロックホームズが活躍していた19世紀のロンドンが舞台の「ベイカー街の亡霊

 

仮想空間という設定を存分に活かして、海外でコナンを活躍させた唯一の作品です。

 

世界観の設定は間違いなく歴代No.1。2016年映画ランキングでは第2位にランクインしています。

 

普段見れないコナンを描いたことが「ベイカー街の亡霊」の魅力ですが、その反面でコナンらしくない行動をするキャラも。。

 

コナンで1番好きな映画は?と聞かれたら「ベイカー街の亡霊」と答えるほど大好きな作品ですが、自信を持って歴代最高傑作に推せない理由があります。

続きを読む

【感想】迷宮の十字路(クロスロード)がコナンファンに愛されている理由

f:id:jubilove:20170423000155j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

  

服部平次が主役を演じた「迷宮の十字路

 

第1作「時計仕掛けの摩天楼」から監督を務めてきたこだま兼嗣が担当した最後の作品であり、2016年のコナン映画ランキングでは堂々の1位に選出!

 

映画の舞台は京都。京都タワー・清水寺・蹴上インクライン・南禅寺・鞍馬寺・梅小路公園・先斗町など、京都の観光地が非常に細かく再現されています。ただ、クライマックスのシーンである玉龍寺は実在しません。

 

京都の街並みになぞらえた謎の絵と手まり歌、

平次の初恋と和葉との恋の行方、

そしてコナン映画初の工藤新一復活作品!

 

まさに映画ランキング1位にふさわしい名作です。

 

迷宮の十字路 あらすじ

 

春・桜の季節 東京・大阪・京都で5人の男が殺害された。

 

5人は仏像・美術品の窃盗を繰り返してきた「盗賊団・源氏蛍」のメンバーであり、義経とその家来の名で呼び合っていたらしい。 警視庁の目暮警部達、大阪府警の大滝警部、京都府警の綾小路警部による合同捜査が始まる。

 

時同じくして、小五郎はある寺院から依頼を受け、コナン達と共に京都を訪れていた…。犯人は「源氏蛍」に恨みを持つ者か? あるいは仲間割れによる犯行か?

 

東西の名探偵・コナンと平次が、力を合わせて事件の解明に挑む!

 

迷宮の十字路 ダイジェスト

f:id:jubilove:20170409233903j:plain

 

親友のシマリスを連れたおじゃる警部こと綾小路警部が初登場

警部さん、もしかして人間のお友達少ないの?

子供の純粋な疑問は殺傷力が高い。

 

まるたけえびすに おしおいけ

あねさんろっかく たこにしき

 

物語の大きなテーマの1つは平次の初恋の人探し。京都で出会った初恋の人との思い出の水晶玉を大事に持っている平次。嫉妬する和葉がかわいい。ちなみに「手まり歌」は実在します。

 

でも和葉ちゃん羨ましい

だって逢いたいときに会えるんだもん

ケンカする平次と和葉をみて寂しがる蘭

 

-----

 

コナンと鞍馬山を訪れた際、ライダースーツの男に弓矢で狙撃される平次。道交法を完全に無視したバイクでのカーチェイス(バイクチェイス?)が始まる。CGの演出はこの時代には少なく、初めて見たときは興奮した。

 

犯人を取り逃がし、一夜明けた後も襲われる平次。剣の達人・平次だが、あと一歩のところまで追い詰められる。(和葉の機転で助かる)

 

f:id:jubilove:20170405124201j:plain

出典:鞍馬寺の雲珠桜

 

殺人に使われた凶器の消失トリックはGPSを使うという単純なもの。この時代では革新的だったかもしれないが、いまの時代に真顔の推理を聞くとちょっと冷めてしまう。

 

映画の大きな謎は、盗まれた仏像のありかを示す絵。京都の通りになぞらえた暗号になっている。て

 

和葉が誘拐され、舞台はクライマックスの玉龍時へ。お寺の雰囲気がラスボスっぽくて好き。犯人は小物だけど(おれは弁慶より義経が好きやった)

 

しかし、重症を負っていた平次が倒れてしまう。

平次を待つ和葉の前に現れたのは?

 

 

誰なんやお前は?

工藤新一、探偵さ

 

阿笠博士が開発した風邪の症状を引き起こせる薬とパイカルで元の姿に戻った工藤新一が平次に変装して登場。もちろんコナン映画では初登場!

それにしても似すぎである。

 

カッコつけて登場したはいいものの、あっさり追い詰められる新一

 

探偵やらしたら天下一品やけど

侍としたらイマイチやな

絶体絶命のピンチのときに平次が登場

 

薬の効果が切れそうになり、逃げる新一

ちょうどそこで蘭と出会う

しっ静かに、じっとしてろ

新一との再開に喜ぶ蘭だが、まもなく子供に戻ってしまう新一は麻酔銃で蘭を眠らせる

 

f:id:jubilove:20170405124955j:plain

出典:京都・三十三間堂「弓引き初め」

 

そしてクライマックスはコナン映画史上最高に物理法則を無視したシーン

屋根の上で犯人と対峙する平次だが、追い詰められる。下には弓を構える手下。

 

おーい、こっち

壁に刺さった弓矢を踏み出いにして空中に飛びジャンピングボレー、犯人の剣をはじきとばす

もはや自分でも何を言っているかわからない、弓矢ってそんな丈夫なの?

 

義経になりたかった弁慶か。あんたが弁慶やったら義経は安宅(あたか)の関で斬り殺されてるで

 

あの2人か、ええコンビやったな

まるで義経と弁慶みたいやった

コナンと平次の活躍を見た住職の粋なセリフ

 

やっと逢えたっちゅうわけか

最後に平次の初恋の相手の正体が判明。そりゃそうかって感じの結果だが、平次ファンが喜ぶハッピーエンドである。

 

え、わかったん?だれだれ?

おまえには一生教えたるかボケ

2人のやりとりが微笑ましい

 

そっか、やっぱりあれ新一だったんだ、やっと逢えたね

夢かと思っていた新一との再会が現実だったとわかり喜ぶ蘭

 

あら、私は人を待つのって嫌いじゃないよ

だって長く待てば待つほど逢えた時に嬉しいじゃない

蘭ちゃんよりこのセリフが似合う人はいないんじゃないかな

 

迷宮の十字路 感想

 

平次ファンの心を鷲掴みにしたコナン映画ランキング1位の作品。

こだま監督の最終作にふさわしい名作です。

 

迷宮の十字路が1位に選ばれたのはコナンファンの票が分散して、平次ファンの票が集中したことが要因だとは大きいと思いますが、それでも名作なのに変わりありません。

 

私も「迷宮の十字路」が大好きなのですが、いくつか気になる点も。

 

1つ目は「殺人トリック」

 

凶器を川に投げ捨て、GPSで発見するという手法は現実的な方法だと思うけど、それをコナンと平次にドヤ顔で推理されると冷めてしまいます。映画公開時では画期的な手法だったのでしょうか?

 

推理マンガではなくドラマ向けのトリックだと思います。

 

 

もう1つは「弁慶のセリフ」

 

古美術商のメンバーを殺害した理由が「いまはインターネットという便利なものがあるから」こちらも上記と同様、クライマックスのシーンでドヤ顔で言われると…。

 

小学1年生から全く成長しない名探偵コナンですが、その時代のトレンドを取り入れることが多いです。2017年公開の「から紅の恋歌」では阿笠博士がビデオ通話でクイズを出したり、スマホからテレビに画面共有するシーンがありました。

 

これはコナン映画の良さでもありますが、数年経って見返したときに古臭く感じてしまう欠点でもあります。映画の重要な場面でトレンド物はあまり活用しないでほしいですね。

 

とはいえ、ツッコミどころといえばそれくらい。「新一と平次の顔が似すぎ」とかはあるけどそこはご愛嬌です。

 

 

コナンが新一に戻るのは連載でもなかなか使えない限定技で、まさかここで使ってくるとは思いませんでした。

 

健康なコナンが風邪をひいてまで頑張ったのに、その後あっさり復活している平次。ちょっとコナンが可哀想。。

服は寝ている平次から剥ぎ取ったのでしょうか?(笑)

 

 

ラブコメの観点でも最高峰の「迷宮の十字路」

 

平次の初恋の人探しはおさまるとこにおさまったというか、気づけよ!

よっぽど和葉はこの話題を避けてきたのでしょうね。嫉妬する姿がかわいすぎます。

 

ちっちゃい頃の思い出の水晶玉を大事に持ってる平次もかわいい。もし初恋の人が和葉じゃなかったらどうしていたんでしょうね?

 

 

平次&和葉だけで終わらせず、短い時間で蘭&新一に見せ場を与えたこだま監督

 

あら、私は人を待つのって嫌いじゃないよ

だって長く待てば待つほど逢えた時に嬉しいじゃない

いやー、こんなこと言われたらコナン嬉しくて泣いちゃうぜ。聞いてなかったけど(笑)

 

 

そして迷宮の十字路といえばやっぱり神曲「Time After Time ~花舞う街で~」でしょう!

 

コナンといえば倉木麻衣ですが、その地位をゆるぎないものにしたのがこの曲だと思います。未だにこの曲以上に映画の情景にマッチした曲は見つかっていません。

 

世界観、謎解き、ラブコメ、アクション、主題歌ー

全て揃った迷宮の十字路は、やはりコナン映画1位にふさわしい名作です!

 

 

 

 

 

歴代コナン映画を振り返ろう!

 

Huluに加入すると、コナン映画19作品が視聴できます!

追記 4/28からは純黒の悪夢も配信決定! 

 

コナン映画は金曜ロードショーなどで放送されることもありますが、重要なシーンがカットされるなどコナン映画の魅力を存分に楽しむことができません。

 

Huluであれば自宅から出ることなく、いますぐコナン映画を視聴できます。

 

U-NEXTでも視聴できますが、月額料金が安いHuluをオススメします!

 

 
Hulu
U-NEXT
作品数
3万本
12万本
月額料金
933円
1990円
無料期間
14日間
31日間

2週間の無料体験もできますので、ぜひお試しください! 

思う存分コナンを楽しみましょう!

 

 ※紹介している作品は2017年4月17日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

【感想】コナン映画「絶海の探偵(プライベート・アイ)」が徹底的にこだわった"リアルさ"

f:id:jubilove:20170422230721j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画全作振り返ろう企画の17回目は「絶海の探偵

 

絶海の探偵とはコナン、そしてイージス艦のこと。

 

防衛省・海上自衛隊全面協力の元、イージス艦の細部までが詳細に描かれます。海上がメインとなるのは「水平線上の陰謀」以来。 

 

監督は初めて静野孔文さんが単独で担当。過去2作のアクション重視とは打って変わって、推理重視の作品となりました。

 

比較的地味ながらもしっかりと作り込まれた作品です。歴代コナン作品の中でも、隠れた名作といえるのではないでしょうか。

続きを読む

【感想】実写版「美女と野獣」がアニメ版を超えてくるなんて全く想像していなかった ※ネタバレあり

f:id:jubilove:20170422020424j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

 

見てきましたあああああああああ!

実写版「美女と野獣」!!!

 

いやー、凄かった!!!!

 

まさかここまでやるとは!

私の期待を遥かに超えてくる衝撃作でした!

 

いきなりですが「美女と野獣」っていうタイトルがあまり好きじゃなかったんですよ。

 

だって、タイトルを見ただけでストーリーが予想できてしまうじゃないですか。美女と野獣がすったもんだして恋人同士になるんだって。

 

結論がわかってる物語なんて面白くないんですよ

 

しかも今回は実写。映画を見にくる人の80%くらいはアニメ版を見ているでしょう。みーんなストーリーを知ってます。

 

そんなわけで、

「これまでの期待を超える作品ができるわけない!」

そうたかをくくっていたんです。少なくとも、「初めて美女と野獣をみたときの感動」は超えられるわけがないと。

 

それが、、きたんです!

 

マジで超えてきた!

いやー、驚きました。

 

興奮して少々前置きが長くなりましたが、生まれ変わった美女の野獣の魅力をたっぷり紹介します!

 

続きを読む

【感想】コナン映画「11人目のストライカー」はサッカー小僧にぜひ見て欲しい作品

f:id:jubilove:20170420222955j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画全作振り返ろう企画の16回目は「11人目のストライカー

 

Jリーグ20周年記念プロジェクトとのとのコラボ作品のため、遠藤保仁・今野泰幸など現役のJリーガーが実名で登場します。

 

また実在するJリーグの18チームに加え、コナンファンにはおなじみの東京スピリッツ、ビッグ大阪も登場します。 

 

監督は前作に引き続き山本泰一郎さんと静野孔文さんの2名体制。

 

コナンとJリーグの異色のコラボは輝きを放つことができたのでしょうか?

続きを読む

【感想】コナン映画「沈黙の15分(クォーター)」キミはラスト15分まで辿り着けるか?

f:id:jubilove:20170420201327j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画全作振り返ろう企画の15回目は「沈黙の15分

 

タイトルの"15"は15作目の記念を示すものですが、とってつけたような印象が否めません。

 

GWに公開されるコナン映画では初めての「冬」を舞台にした作品です。GWに見た人は感情移入が難しかったのではないでしょうか。

 

 

監督は山本泰一郎さんと静野孔文さんの2名体制。「沈黙の15分」は違和感があるシーンが多く、低評価が目立っています。静野監督にとってはほろ苦いコナンデビューとなりました。

 

続きを読む

【感想】コナン映画「天空の難破船(ロストシップ)」で怪盗キッドが盗んだのは?

f:id:jubilove:20170419125326j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画全作振り返ろう企画の14回目は「天空の難破船

 

キッドの登場は「世紀末の魔術師」「銀翼の奇術師」「探偵たちの鎮魂歌」に続いて4作目。今回も工藤新一に変装してやりたい放題。

 

コメディ路線に大幅にシフトした本作。いつものシリアスなコナンから一転、ほのぼのしたシーンが続きます。

 

さてさて、キッドは何を盗んでいったのでしょうか?

続きを読む

【感想】コナン映画「漆黒の追跡者(チェイサー)」で黒の組織が見せたのは冷酷さ?乱雑さ?

f:id:jubilove:20170418201011j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画全作振り返ろう企画の13回目は「漆黒の追跡者

 

黒の組織が登場するのは「天国へのカウントダウン」以来。アクションシーンのインフレ化が止まらないコナン映画に引きずられるかのように、黒の組織が派手なパフォーマンスをみせます。

 

コナンがここまで追い詰められた映画は初めてじゃないでしょうか。事件が終わってもスッキリしない後味が悪い作品です。

続きを読む

【感想】コナン映画「戦慄の楽譜(フルスコア)」全てを包み込むアメイジング・グレイス

f:id:jubilove:20170417164338j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画全作振り返ろう企画の12回目は「戦慄の楽譜

 

プロの歌手も起用し、音楽ネタを豊富に取り入れたこだわりの作品です。音楽を愛していながら犯行に及んだその動機はわずかなすれ違いでした。

 

全ての喧騒をアメイジンググレイスが包み込む優しい作品です。

続きを読む

【感想】コナン映画「異次元の狙撃手(スナイパー)」の狙撃シーンは何度見てもカッコイイ

f:id:jubilove:20170416215131j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画全作振り返ろう企画の18回目は「異次元の狙撃手

 

とことんスナイパーに焦点を当てる異色の作品です。

経験のない"スナイパー"という敵に対し、コナンが何も出来ないシーンが目立ちます。

 

そんなコナンを救ったのは?

復活が待ち望まれていたあの人でした!

続きを読む

【感想】コナン映画「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」がラストシーンで見せた一瞬の輝き

f:id:jubilove:20170415200006j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

小1の頃からコナンを愛読しています。

 

コナン映画全作振り返ろう企画の11回目は「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

 

あらゆるコナン映画ランキングでぶっちぎりの最下位に輝いている。

 

ここまで期待値が低いと意外に面白いというのがよくあるパターンですが、ジョリー・ロジャーはどんなときも期待を裏切らない作品でした。(悪い意味で)

続きを読む