みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高22万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

君の膵臓をたべたい 映画と原作の違いをまとめてみた ※ネタバレあり

▼おすすめ記事Kindle paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

f:id:jubilove:20170805145520p:plain

 

映画「君の膵臓をたべたい」がとても素敵だったので、すぐに原作を読みました。

 

小説もとっても素敵な内容でしたね。映画に出てきたキャストの顔が頭に浮かんでいるので、スムーズに読み入ることができました。

 

さて、映画と原作では内容が異なる箇所がいくつかありましたので、この記事ではそれをまとめてみました。

 

思いっきりネタバレを含んでいます。

映画をまだ見ていない人は映画を、原作をまだ読んでいない人は原作をチェックしてからご覧下さい!

 

 

 

 

映画と原作の違い①
12年後は描かれない

 

公式HPやパンフレットを読めば書いてありますが、映画で描かれた12年後の【僕】は原作では描かれません。

 

小栗旬も北川景子も登場しません。あれは月川翔監督オリジナルのアイディアです。つまり、結婚式のシーンは登場しませんし、手紙のシーンも描かれません。

 

それでもあの手紙の内容は描かれています。

 

映画では途中で終わっていた『共病文庫』ですが、原作では最後のページに桜良の遺書が描かれています。

 

映画に登場した手紙の内容はそこから引用したものです。

 

ちなみに、恭子にその遺書が伝わったのは、【僕】が共病文庫を受け取った後。カフェで【僕】が恭子に『共病文庫』を差し出しています。

 

つまり、図書室で手紙を探す描写もありませんし、そもそも原作で図書室は詳細には描かれません。

 

映画と原作の違い②
仲良くなった僕と恭子

 

映画では、結婚式のシーンで初めて【僕】と恭子が友達になります。

 

原作では【僕】と恭子が仲良くなり、一緒に桜良の墓参りに出掛けたり、桜良の家族と食事をするようなシーンが描かれます。

 

【僕】と恭子が仲良くなっていく描写は省略されていましたが、きっと壮絶なものだったんでしょうね。

 

ちなみに、原作では恭子が「ライオン」のように描かれているのが面白いです。

 

横に、ライオンが立っていた。

挨拶も何もなく放たれた親友さんのその一言には、答えを誤れば噛みちぎるという迫力があった。

「君が説得してくれたのが麻酔銃みたいに効いてるのか、まだ跳びかかられてはないよ」 「私の親友を猛獣みたいに言うのやめてよ」

 

映画と原作の違い③ 星の王子さま

 

映画にも原作にも『星の王子さま』は登場します。

 

映画では序盤に渡されるこの本ですが、原作では桜良が本好きな【僕】を家に呼ぶための口実としてこの本を渡します。

 

なお、映画の『星の王子さま』にはニコマークがありません。また、映画では『星の王子さま』を盗んだ桜良の元カレですが、原作では「本のしおり」を盗んでいます。

 

セコイぜ!

 

映画と原作のちがい④ 桜良の恋心

 

映画では最後まで「好き」といわなかった【僕】と桜良

 

原作でも告白するシーンはありませんが、桜良が【僕】に恋心を抱いたことがあると明確に綴られています。

 

正直に言うとさ、私は何度も、本当に何度も、君に恋をしてるって思ったことがあるの。

 

例えば、あれ、君が初恋の人の話をしてくれた時。私、胸がキュンってなったもん。

 

ホテルの部屋でお酒を飲んだ時もそう。初めて私からハグした時もそう。

 

しかし、『君の膵臓をたべたい』という傑作において、桜良の感情を「恋」と呼ぶのはあまりにも安っぽいです。

 

それにね、私達の関係をそんなありふれた名前で呼ぶのは嫌なの。

 

恋とか、友情とか。そういうのではないよね、私達は。

 

もし君が私に恋してたらどうしてたかな、それはちょっと気になります。訊く気も術もないけどね。

 

ぜひ原作を読んでみてください。

 

映画と原作の違い⑤ 小ネタ

 

映画と原作の細かな違いをあげるとキリがありませんが、気になったシーンだけ描きます。

 

初デートの服装

あの病院での偶然以来、久しぶりに見た彼女の私服はTシャツにジーンズというシンプルなものだった。

 

初デートで焼肉を食べにいくシーン、映画ではかわいらしい服装だった桜良ですが、原作では「Tシャツにジーンズ」とシンプルな服装でした。

 

ここは月川監督にナイスと言っておきましょう笑

 

パンツは兄のもの

 

【僕】が桜良の家でシャワーを浴びてパンツを借りたシーン。

 

映画では「父のパンツ」ということでしたが、原作では「兄のパンツ」でした。

 

なぜ変更したのでしょうか?笑

 

原作にしか描かれないシーン

 

続いて、原作にしか描かれなかった素敵なシーンをまとめてみました。 

 

届いていたメール

 

「君の膵臓をたべたい」

 

【僕】が桜良に送った最後のメールです。

そのメールを桜良が見たのか、見ていないのか、上映後ずっと気になっていましたが原作ではその答えが明かされます。

 

メールは、開かれていた。

届いて……いたんだ…………。

 

そのメールを読んだ後の桜良の笑顔が目に浮かびますね。

 

ハグ

君も最近、誰かの体温が好きになってきたんじゃないの?

 

映画で桜良と【僕】が抱き合ったのは桜良での家でのシーンのみですが、原作では何回も抱き合ってます。うらやましいぞコノヤロー!笑

 

抱き合っている姿を恭子が目撃するなんてことも。恐ろしや笑。

 

初恋の人

 

【僕】が初恋の人を好きになった理由はとても素敵でしたね。でも実は、その理由がデマカセだったことが原作では明かされます。

 

その嘘は明かさなくても良かったかな笑

 

僕がいつか話した初めて好きになった人の話、あれは嘘だ。  言ったよね、「さん」をつける人の話。あれは真っ赤な嘘、僕の作り話だ。

 

共病文庫

 

桜良がなぜ『共病文庫』という名前をつけたのが、その理由が原作では描かれます。

 

病気になったって分かってから色んなことを考えたんだけど。

 

その一つとして、病気になった自分の運命を恨まないって決めたっていうのがある。

 

だから、闘病じゃなくて共病文庫っていう名前にした。

 

これは素敵なシーンなので、映画でも取り入れて欲しかったな〜。

 

 

死ネタ・膵臓ネタ

 

映画にも原作にも、桜良が自分がもうすぐ死ぬことを明るく捉えた「死ネタ」がたくさん登場します。

 

こんな風に自分の死を笑えるのは桜良くらいでしょう。面白かったのでその一部を書き記しておきます。

 

「いい天気ー。こんな日に死のうかなー」

「すみません、自殺するためのロープを探しているんですけど、やっぱり外傷とか負いたくないんで、その場合どのタイプが無難ですかね?」

「人間やっぱ外見より中身の方が大事だね」 「完璧に言葉の使い方を間違ってるね」

ここはぜひ原作を読んでほしい笑

「君みたいに脳じゃなくてよかったよ」 「腐ってるのは膵臓ですぅ」

「あははははははははははは! 見て見て! 『病、やがて治る』だってぇ! 治んねえっつうの!」

「君より先に死んだ方がいい人間はたくさんいるもんだね」 「本当だよ!」

彼女は膵臓を抱えてどぅわっはっはっはと笑った。

 

原作も映画もとっても素敵なので、どちらもチェックしてくださいね!

 

 

住野よる作品を楽しもう!

 

現在発売されている住野よるさんの著書は4作品

どれも住野よるさんらしい独特の言葉使いが魅力です。

 

▼映画で描ききれなかった秘密が次々と明らかになります。結末が分かっていても泣いてしまう作品。

 

▼幸せってなんだろう。

ちょっと見つめ直してみませんか?

 

▼ばけもの正体とは?

人間関係に悩んでいる学生さんに是非読んで欲しい作品

 

▼特別にみえてありふれた物語

高校生らしい感性が蘇ってきます。