未来のミライ感想|見る人によって評価が分かれる作品 ※ネタバレ | みぎいろ!

未来のミライ感想|見る人によって評価が分かれる作品 ※ネタバレ

未来のミライ 感想 ネタバレ

小さな庭から時をこえる旅へ―
それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』―

数々のアニメ映画を生み出してきた細田守監督が最新作で描いたのは家族の物語。

久々の細田作品とあって期待感は抜群!公開初日に早速見てきました。

低評価が目立っていたので不安もありましたが、終盤以外は想像以上に楽しめました!

隣で見ていた親子も楽しそうでしたね。福山雅治と星野源が好きな方は絶対に行った方が良いです笑

ただ、やっぱりクセのある作品ですので、好き嫌いが結構分かれると思います。

そんな「未来のミライ」を振り返ります。

関連記事:細田守監督 全7作品おすすめランキング【映画一覧】

未来のミライ あらすじ

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。

そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

“ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
父の面影を宿す青年との出会い。

そして、初めて知る「家族の愛」の形。

さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。

果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは?

“ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは―

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

出典:「未来のミライ」公式サイト

未来のミライ 感想

未来のミライ 感想
出典:映画.com

細田守家の家族物語

朝起きて、横で寝ているうちの子供に、「どんな夢、見た?」といつも聞いてるんです。

だいたい「電車に乗ってた」という夢が多いんですけど、ある日の朝は、「大きくなった妹に逢ったよ」って言うんです。

その話を聞いて、いいなあ、おとうさんも逢いたいなあ、と思ったんですよ。

当時妹は、まだ6ヶ月くらいだったんですが、成長したらどんな女の子になるんだろう?

そう考えると、すごく想像力を刺激されて、それがそのまま映画になりました。

引用:「未来のミライ」公式パンフレット

こちらは公式パンフレットに掲載されていt細田守監督のインタビューです。

「他人の家族物語を見ているようだった」と感想を書かれている方がいましたが、それもそのはず。

「未来のミライは細田家の日常を描いた作品」と考えればすんなり理解できるでしょう。

お父さんの感情とかセリフ回しは、きっと細田監督の実体験からきているはずです。

「他人の家族を見て何が楽しいの?」と感じる人も当然いるでしょうし、「こんな経験あったなぁ」と懐かしく感じるはずです。

「現実離れしたところがキライ」という方もいましたが、平凡な日常を延々と見せられたら絶対につまらないはずです笑

リアルとファンタジーが程良く掛け合わされていて、軽快なテンポで物語が進んでいきました。

「さあ、王子の御前ですよ、跪きなさい」

ゆっこのこのセリフは福山雅治に言って欲しかったですね笑

アイデンティティを探す話

未来のミライ 感想
出典:映画.com

一方で、くんちゃんが迷子になってからラストまでの展開はちょっとついていけませんでした。

駅員さんとの会話で、

「迷子ではなく、失くしたのは自分自身というわけですね」

「行き場所のない子供の行き先はひとりぼっちの世界です。」

「自分で自分自身を証明する必要があります。」

という、子供には難解すぎる問いかけが行われていました。

最終的には、

「くんちゃんはミライちゃんのお兄ちゃん」

という言葉で先に進むわけですが、この展開を「???」と感じた人は多いのではないでしょうか。

このあたりも公式パンフレットに細田監督のインタビューが載っています。

愛を得たり失ったり、その繰り返しが人生

失ったら、もう一度得るためにアイデンティティを探す

これは4歳児の話ではなく「普遍的な人生の話」

引用:「未来のミライ」公式パンフレット

「未来のミライ」は今まで愛されていたくんちゃんが、親の愛を妹に奪われるところから始まります。

「ミライちゃん好きくない」と強烈に嫉妬していたくんちゃんですが、最終的には「ミライちゃんのお兄ちゃん」と新たなアイデンティティを見つけます。

これはどの家庭でも見られる光景だとは思いますが、この出来事を「アイデンティティを見つけた」などと定義するところはちょっと冷めてしまいました。

ひいじいちゃんやひいばあちゃんの行動が私たちまでつながっている。積み重なって今の私たちを形作っているんだ。

といったような語りがありましたが、家族愛を見せられるのは良いものの、それを説明されると、安っぽい言葉に響いてしまいます。

つい最近、「リメンバー・ミー」という壮大な家族物語を見たばかりなので、なおさら残念です。

リメンバー・ミー」は家族愛の最高傑作なので、見てない方いたら是非どうぞ。

その他、気になったところ

くんちゃんの家の間取り

「カーテンがついておらず、外から丸見えじゃないの?」と思っていましたが、あの空間は塀に囲まれているんですね。

お父さんはデザイナーさんかと思いますが、さすがにおしゃれです。

福山雅治

イケメンはリアルでもアニメの中もイケメンなんですね。

家族のつながりを描くためにひいじいちゃんを描いたと思いますが、ちょっと唐突感が強かったです。

オニババ

「お母さんじゃない、オニババだ!」

この言葉にショックを受けた方は多いのではないでしょうか?笑

まだ若くてキレイなのに、、1番愛する子供にそんなことを言われたら泣いちゃいますね。

散らかし好きのママ(子供時代)

「だって散らかってる方がおもしろいもん!」

「だって散らかして食べるとおいしくなるんだもん!」

はい、名言生まれました!笑
このセリフ、私の家でも使わせて頂きます笑

未来のミライ 感想まとめ

「未来のミライ」を見た方の感想から気になったものをピックアップしてみました。

未来のミライ 好意的な感想

未来のミライ 批判的な感想

未来のミライ その他の感想

関連記事:細田守監督 全8作品おすすめランキング【映画一覧】

※紹介している作品は2018年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

[AD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status