【感想】トモダチゲームの"あのシーン"で映画館の空気が一変した ※ネタバレあり | みぎいろ!

【感想】トモダチゲームの"あのシーン"で映画館の空気が一変した ※ネタバレあり

f:id:jubilove:20170608003011j:plain

キス長くね?

こんにちは、ノーマルのらいとです。
大事なことなので強調しました。

いやー、観客20人くらいの上映回でしたが一瞬で空気が変わりましたよ!

ザワザワって。
あんな体験したの久しぶりww

コミックス全巻持ってるほど「トモダチゲーム」好きな私ですが、映画のクオリティが低くて不満タラタラでした。

、、、があのBLシーン見ちゃったら全てどうでもよくなっちゃいました!笑

BLは恋愛?トモダチ?笑
そんなBL映画「トモダチゲーム」を見てきたので感想を書いてきます!
※大量のネタバレを含むので閲覧注意です。

▼Kindle版は6/7現在1巻無料です!


トモダチゲームのキャスト

えーと、まず思ったのが役者が高校生に見えないってこと。

元演劇部の私から言わせてもらうとやっぱり「見た目って大事」です。

イケメンとか美女とかじゃなくて、その役者にぴったりハマるのか、違和感ない見た目かっていうのはキャスティングの段階で絶対に重要視するところ。

ところがどーだい。

  • 片切友一:吉沢亮(22)
  • 沢良宜志法:内田理央(25)
  • 美笠天智:山田裕貴(26)
  • 四部誠:大倉土門(24)
  • 心木ゆとり:根本 凪(18)

うーん、無理あるね笑

特に四部はちょっと…。
一目見た瞬間から違和感ありすぎでした。

青春っぽさがウリの高校映画で高校生らしさを全く感じないのってどーなのよ。

(失礼ながらゆとりちゃんも22くらいだと思ってました。ゴメンナサイ…。)

ここが感情移入できなかった最初のポイント。せめて大学生くらいの役者を起用できなかったのだろうか…。

トモダチゲームのターゲットは?

映画を見始めてすぐの衝撃
「第2ゲーム陰口スゴロク!」

えええええ!第1ゲームはどこいったの????

この映画第2段とかじゃないよね?
初めて上映だよね?

予告編絶対見ない主義の私には違和感全開でした。

なぜトモダチゲームが行われてるのかとか、ネームプレートの説明とか、ほとんど説明なしにいきなり第2ゲームが始まるのは無理ありすぎるでしょ…。

しかも映画の中で平然と「第1ゲームはフェアだったけど、第2ゲームはアンフェアだ。」とか言っちゃってるし。

いやいや、第1ゲームのこと誰も知らないから!!!!

自分はコミックス全部読んでるから状況分かるけど、コミックス読んでない人には意味不明でしょ!

なんで第1ゲームの情報組み込んで映画進行させてるのー?

…と、ここまで不満をぶちまけたところでどうやら映画の他に「実写ドラマシリーズ」というのがあったことに気づきました。情弱でゴメンナサイ…。

でも、つまりこの映画は事前にドラマシリーズを見てこないと充分に楽しめないということ?

いずれにせよ無理がありますね…。
監督さんがどういう客をターゲットにしているのか非常に気になりました。

少しはオリジナリティを出してこの違和感を消そうとしなかったのかな?

トモダチゲームの神様ヒマじゃないかな?

「陰口スゴロク」ゲームで純粋に気になったのは視聴者(神様たち)がこのゲームを見ていて面白いのかどうか。

1回の記入時間は3分。5人いるから1ピリオドにかかる時間は15分です。

陰口ゲームは20ピリオドまであったから、15分×20=300分=5時間の長時間ゲームです。

見てて飽きるんじゃないかな?

もちろん他人のドロドロしたところを見れるっていう好奇心があるにせよ、1回発表したら次の発表までまた15分空きます。

しかも全員白紙で提出したら見応えゼロ。

うーん、自分が神様だったらスマホいじりながらゲームを見守ってますね笑

トモダチゲーム最大の違和感

さて、何より違和感を感じたのは参加者5人が全く仲良くないところ笑

そもそもトモダチゲームの面白さは「超仲良くてトモダチだったはずの5人がゲームを通して疑心暗記になっていくところ。」にあります。

でも、キャスティングのせいなのか「この5人本当にトモダチだったの?」ってくらい距離ありました…。

もちろん第1ゲーム終了していろいろ疑惑が生じてるから仲良くできない空気ってのは分かるんだけど…。

原作を忠実に再現しようとした結果、映画の見所がストーリーだけになってしまった印象です。

違和感ある箇所を挙げたらキリがありません。

  • 殴られただけで流血する四部
  • 中学生のゆとりちゃん巨乳すぎw
  • Kチームの紫宮が芋っぽいw
  • 役者が所々で噛む(撮り直せよw)

そんな中でも光るものがあったのはユウイチくんの怖さ。

マンガほどの狂気はなかったけど、いい感じに怖がったです。なかなかの名演技でした。

あとはやっぱりラストのキスシーン笑

初めてだから作法は分からないが、とりあえずメガネはとるぞ

いやー、あれは笑った笑った

どうぞ末長くお幸せに♡

▼映画第2弾は9/2上映とのこと

▼原作の方が100倍面白いです!Kindle版は6/7現在無料!

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status