dTVとは?料金や使い方など初心者向けにやさしく解説

dTV とは
※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

 

dTVはドコモ契約者だけでなく誰でも加入できる国内最大級の動画配信サービスです。

初めてdTVに加入される場合は「31日間の無料体験」が利用できます。無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

この記事では初めてdTVを利用する方向けに、ポイントをなるべくかんたんに解説しました。

損することがないように、メリットだけでなく、デメリットもばっちり記載しています。

この記事を読んでdTVの魅力に触れてください。

ポイント解説
  1. dTVの月額料金は500円
  2. ラインナップは国内最大級の12万作品
  3. 31日間以内に解約すれば無料

dTV 解約

31日間以内に解約すれば料金はかからないよ!

関連記事:動画配信サービスを徹底比較!おすすめランキングを紹介!【VOD】

dTVとは?

dTVを初めて利用する方のために、1番初歩的なところから解説しますね。

dTVはインターネットを使って、好きな番組をいつでも楽しめるサービスです。

dTVのホームページには、このように映画やドラマ、アニメ作品が並んでいます。

クリックすると、いつでも映画やドラマなどを楽しむことができます。テレビだと「夜9-11時」など、番組を放送する時間が決まっていますよね?

dTVには時間の制約がありませんので、いつでも好きな作品を楽しめます。

インターネットに接続していれば、パソコンだけでなく、スマホやタブレットでも視聴できますよ。

※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

スマホでも見れるんだね!

dTVの月額料金は500円

dTVの月額料金は500円
これはあらゆる動画配信サービスの中で最も安い料金です。

【各VODサービスの月額料金】

・dTV:月額500円

・auビデオパス:月額562円

・Netflix:月額650円

・FOD:月額888円

・Hulu:月額933円

・U-NEXT:月額1,990円

気になるラインナップは「12万作品」
こちらもあらゆる動画配信サービスの中で最大級の作品数です。

つまり、最も料金が安く、最大級に作品数が多い。それがdTVなんです。

※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

コスパ抜群だね

関連記事:dTVの月額料金・お値段はいくら?契約に関する疑問まとめ

dTVはレンタル作品に注意

そんなdTVですが、注意しなければいけないことがあります。

それは「見放題作品」と「個別課金(レンタル)作品」に分かれていること。

dTV 料金

個別課金(レンタル)作品は1作品ごとに追加料金が必要です。

「君の名は。」など一部の映画はレンタル作品です。料金は映画毎に個別に設定されていますが、300-400円が標準的です。

えっ、月額料金を払っているのにさらに追加料金を払うの!?

僕も最初は驚きました。それでも、月額料金が安く、見放題作品が豊富なdTVはやっぱり良心的なサービスです。

追加料金を払いたくない方は「Hulu」をどうぞ。Huluは月額料金のみで全ての作品が視聴できます。

見放題の作品かレンタル作品かは「¥マーク」がついているかどうかで判断できます。

契約する前にラインナップを確認しよう

dTVの配信作品

dtv

dTVの見放題作品数は120,000作品
これは国内の動画配信サービスで最大級のラインナップです。

最新アニメ

海外ドラマ
dTV

人気ドラマ
dTV

韓流ドラマ
dTV

オリジナルドラマ
dTV 評判

音楽ライブ
dTV 評判

これ全部が見放題だよ!

邦画・洋画・アニメ・ドラマ全てのジャンルの作品が豊富に揃っています。

全ジャンル充実しているので、このジャンルが突出していると言えないのがdTVのつらいところですかね。

他にもとにかく作品が豊富なので、まずはご自身でラインナップを確認してみてください。

好きな動画を探すだけで楽しいよ!

dTVのメリット

ここからはdTVのメリットを紹介します。

dTVはスマートフォンやタブレットに動画をダウンロードすることができます!

ダウンロードの方法はかんたん。
スマホアプリから作品を選んで「DL」を押すだけ。

一度ダウンロードしてしまえば、オフラインでも視聴できます。

動画視聴は大量に通信量を消費します、wi-fiがある環境でダウンロードしておけば通勤・通学中など外出時も安心してdTVを楽しむことができます。

ダウンロード画質は3段階から選択できます。スマホ視聴なら「普通」で充分ですね。

注意
一部ダウンロードができない作品もあります。
※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。
f:id:jubilove:20170919123407p:plain

dTVは画質もキレイ!HD画質なので、DVDと比べても断然キレイです。

身近なところで例えると「キレイなyoutube」と想像してください笑

さらに一部の作品は4KやHDRにも対応しました!

4K作品とはフルハイビジョン(フルHD)の4倍の高画質で表現される作品のこと。ひとことでいえば「超綺麗な映像」ってことです。

ただし、4Kテレビなど対応デバイスがないと視聴できません。スマホやPCで4K動画を見ようとすると通常画質で表示されてしまいます。

まだまだ作品数は少ないので、気にしなくていいですが、確実に言えることは「画質については心配不要」ということ。

パソコンで見るのはもちろん、スマホやタブレットでもキレイに映ります。よっぽどマニアックな方を除いて、画質に不満を持つ方はまずいませんよ。

※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

dTVは操作もとってもかんたん!
パソコンでdTVを見る場合、使うのは「早送り」「早戻し」「再生」「一時停止」、使うのはこの4つのボタンだけ!

こんなにシンプルなら迷うことはないですね!機械オンチな人でも安心です!

これならできそう!
動画の読み込みに時間がかかったり、フリーズしたりする事もほとんどありません。

インターネット回線が安定していれば心配不要です。

回線速度が遅くなった場合でも、自動的に画質調整してくれ、スムーズに見せてくれます。次から次へとサクサク観れます。

ノーストレスで快適!

dTVはテレビの大画面でも楽しめます。

対応端末は種類が豊富すぎるので全部は紹介しませんがおすすめは「Fire TV Stick」です。

dTV公式が推奨している「dTVターミナル」は他の動画配信サービスでは使えません。

テレビで見れる対応端末をお持ちであれば、無料トライアル中に使い心地を試してみてください。

テレビでも見れちゃうよ!

関連記事:dTVをテレビで見る9つの方法を「安い順」に紹介


洋画好きの方だと「字幕」でみるか「吹替」で見るかは重要な問題ですよね!

切替の操作はかんたん!
画面右下の「字幕/吹替」ボタンを押すだけです!

これなら迷いようがありませんね。

なお、一部の作品は「字幕のみ」の場合があります。また、英語字幕には対応していません。英語字幕を楽しみたい場合は「Hulu」をオススメします。

アメリカ発のサービスだけあって海外ドラマが充実していますよ!

そうそう、dTVは音楽番組も充実しています。

Music Videoはもちろんですが、なんといってもライブ配信が超豊富!Mr.childrenなど大人気アーティストから「a-nation」といった音楽イベントまで配信しています!

「最近見る作品ないなぁ」と感じている方は音楽LIVEを見ると盛り上がれますよ!

 

LIVE配信アーティスト
  • Mr.children
  • EXILE TRIBE
  • GLAY
  • 絢香
  • 三浦大知など
※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

dTVのデメリット

どんなサービスも良いことばかりではありません。デメリットも把握した上でストレスなくdTVを利用しましょう

全動画配信サービス共通なので、dTVだけのデメリットというわけではありませんが、観たい作品がいつまでも配信されているわけではありません。

映画やドラマの制作会社との契約が終了すれば、配信はストップします。当たり前といえば当たり前ですね。

dTVは配信期限を表示してくれるので良心的です。

いま配信中の作品もいつまで配信されるかわかりません。観たい作品があれば早めに加入しましょう。

⇒ 配信期限間近の作品をチェックする

早めの加入が安心!

以前はスクリーンショットができたのですが、最近のアップデートでスクリーンショットができなくなりました。

上の写真も本来であれば映像が表示されるのですが、真っ黒になっています。

お気に入りのシーンとかはスクショがとれたらファンとしては嬉しいんですが、著作権の問題もあって難しいですね。

dTVよりちょっとだけお値段は高くなりますが、スクショが撮れるサービスもあります。

思い出のシーンを残しておきたい方はご検討ください。

スクショができるサービス

f:id:jubilove:20170919213854p:plain

dTVはPCやスマホなど、たくさんの端末で視聴することができます。1つの契約で5台まで利用端末を登録できます。

ただし、1つのアカウントで複数人が同時にdTVを見ることはできません。

例えば、お母さんがパソコンでドラマを見ている間は、私がスマホで映画を楽しむことはできません。dTVが損をしてしまうので、当たり前といえば当たり前なんですけどね。

家族みんながdTVを気に入ったら、別アカウントを契約しましょう。

f:id:jubilove:20170919214503p:plain

dTVに加入した人あるあるだと思いますが、不思議なもので「いつでも観れると意外と観ないんです笑」

リアルタイムのテレビ番組をなぜか優先してしまうんですよね。

いつでも観れるからいいや
→ 明日観ればいいや
→ 週末に観ればいいや

と散々後回しにした挙句、月末を迎えることはよくあります。

30分くらいの短いアニメは気軽にみれますが、2時間くらいの映画はまとまった時間がないとなかなか見ようと思わないんですよね。

とはいえ、それでも映画を数本みれば月額料金分のもとは取れますからね!

dTVに加入して損したと思ったことは一度もありません。

f:id:jubilove:20170919201452p:plain

先ほどの真逆です笑
20分くらいの短いシリーズ番組を延々とみていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

「あれ、もう夜!?」
なんてことはあるあるですね。

dTVにハマりすぎてダラけ人間にならないように注意しましょう。

関連記事>>>dTVの評判をさくっとまとめてみた

dTVは初回31日間無料

初めてdTVを利用する場合「31日間の無料体験」ができます。

毎月1日が自動更新日(料金発生)なので、月初の契約がお得です。

31日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんので、お気軽にお試しください。

※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

観たい作品があるなら早めの契約が安心!

関連記事:dTVは本当に無料で利用できるのか?実際に確かめてみた

dTVの登録方法

動画配信サービス おすすめランキング dTV

dTVの始め方はとってもかんたん。

  1. dTVのホームページにアクセスして
  2. 「31日間無料おためし」をクリック
  3. メールアドレスや支払い手段を登録

1-2分で完了します。
支払い手段は以下の3つから選択できます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • ドコモケータイ払い

クレジットカードの登録を怖いと思うかもしれませんが、31日間以内に解約すれば絶対に料金はかかりません。

※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

僕にもできそう!

関連記事:dTVの登録方法・始め方を図解付きでやさしく解説する

dTVの解約方法

dTVの解約方法

dTVは解約方法もかんたんです。
無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

  1. 「アカウント」→「退会」
  2. 「利用規約に同意し、解約する」
  3. 「手続きを完了する」

無料トライアル中に解約した場合は、解約した瞬間から利用できなくなりますのでご注意ください。

※ 31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

1~2分程度でかんたんに解約できるよ

関連記事:dTVの解約・退会方法をPC/スマホ別に解説する

dTVのまとめ

f:id:jubilove:20170904230756p:plain

dTVのポイント解説
  1. dTVの月額料金は500円
  2. ラインナップは国内最大の12万作品
  3. 31日間以内に解約すれば無料

dTVに満足するかどうかは、結局観たい作品があるかどうかです。

ひとつでも気に入った作品があれば一気にのめり込みますし、観たい作品がなければ何も視聴しないまま無料期間を終えてしまうこともあると思います。

体験しないと分からないよ!

まずはお気軽に「31日間の無料トライアル」をお試しください。

dTVの無料体験は誰でも利用できる特別期間、利用しないなんて損ですよ。

dTV 解約

31日間以内に解約すれば料金はかからないよ!

関連記事:動画配信サービスを徹底比較!おすすめランキングを紹介!【VOD】

[AD]

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status