映画エヴァンゲリヲン歴代7作品一覧【劇場版・2020年最新版】

エヴァンゲリヲン 映画 一覧

エヴァがついに完結する。

2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再起動し、『:序』『:破』『:Q』の3作を公開してきた。その最新作、第4部『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の劇場公開が決定。

本記事では、歴代劇場版エヴァンゲリオンをおさらいします。

1986 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生
1997 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に
1988 新世紀エヴァンゲリオン DEATH(TRUE)2
2007 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
2009 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
2012 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
2020 シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
MEMO

「U-NEXT」ではエヴァンゲリオンの歴代映画・アニメを一挙配信中。

初回31日間無料で利用でき、無料期間内に解約すれば料金はかかりませんので、お気軽におためしください。

>> U-NEXTを31日間無料体験する

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生

人類の存亡を賭けた戦いが、今始まる。

西暦2015年。人類を襲う謎の兵器「使徒」に対抗するため、汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンを完成させた特務機関ネルフは、14歳の少年少女達をパイロットにエヴァを実戦投入する。

しかしその後ろでは同時に「人類補完計画」が進行していた……。95年10月よりTV放映され、大きな反響を呼んだアニメシリーズの劇場版。

本作は多くの謎を残したまま終了したTV版の総集編と最終話という事だったが、制作が遅れに遅れ、その結末は本当の完結編、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)/Air/まごころを、君に」で描かれた。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に

TVシリーズ弐拾伍話と最終話をリメイクした、『新世紀エヴァンゲリオン』の完結編

<人為的なサードインパクトに失敗したゼーレはネルフに攻撃を仕掛けてきた。絶望的状況の中、母の存在、自己の存在を確認したアスカが復活、反撃を開始。

しかし、初号機に搭乗したシンジの見たモノは、無惨な残骸となったアスカの弐号機だった。

>> 「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」を見る

EVANGELION:DEATH(TRUE)²

EVANGELION:DEATH(TRUE)²

EVA世界の先端映像をREMIX!エッジの立った編集の切れ味を堪能せよ!

西暦2000年、南極大陸で行われた実験は、人類に壊滅的打撃を与えた。このカタストロフィを、人々はセカンド・インパクトと呼んだ。

地球の地軸はねじ曲がり、世界人口は激減した。それから15年後、人類は再び試練の時を迎える。

>> 「EVANGELION:DEATH(TRUE)²」を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

全く新しいエヴァンゲリオンが、我々の目の前に姿を現す

<突如世界を襲った未曾有の大災害“セカンド・インパクト”。この影響で人類の半数近くは死にいたり、世界の各地には大破壊の痕跡が刻みこまれた。

やっと平穏な日々が戻ったと思われたとき、14 歳の少年・碇シンジは父親から第3新東京市へ呼び出された。

>> 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

真の姿が現れる、新EVA伝説第2ステージ

<自ら戦うことを選んだシンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、ここから未知の領域へ突入。

謎の敵性体“使徒”とEVAシリーズの戦いは新エヴァンゲリオン仮設5号機の参加で、さらに激しくエスカレートしていく。

>> 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

『:破』から14年後、世界は変革の時を迎える。新劇場版シリーズ、激動の3作目

アスカのEVA改2号機とマリのEVA8号機は、静止衛星軌道上で“US作戦”を実行していた。円盤状のEVA Mark.04と激戦の末、初号機とシンジを奪いとるミッションだ。

ようやく目ざめたシンジの前には、思いがけない知人らの姿があった。

>> 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を見る

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

エヴァがついに完結する。
2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再起動し、『:序』『:破』『:Q』の3作を公開してきた。その最新作、第4部『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の劇場公開が決定。

人の本質とは何か? 人は何のために生きるのか? エヴァのテーマは、いつの時代にも通じる普遍的な核を持っている。

シンジ、レイ、アスカ、マリ、個性にあふれたキャラクターたちが、人造人間エヴァンゲリオンに搭乗し、それぞれの生き方を模索する。

人と世界の再生を視野に入れた壮大な世界観と細部まで作り込まれた緻密な設定、デジタル技術を駆使した最新映像が次々と登場し、美しいデザインと色彩、情感あふれる表現が心に刺さる。

スピーディーで濃密、一度観たら病みつきになるその語り口は、興行収入80億円超えの大作『シン・ゴジラ』も記憶に新しい庵野秀明総監督による独特の境地。

その庵野総監督がアニメーションのフィールドで創作の原点に立ち返り、新たな構想と心境によって2012年の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』以後、封印されてきた物語の続きを語る。

1995年にTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』でアニメファンのみならず、アーティストや学者までを巻き込んで社会現象を起こした初出から、実に25年――その間、常にエポックメイキングであり続けたエヴァの、新たな姿を見届けよう。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status