ブックパスとは?使い方や評判をやさしく解説【30日間無料】

ブックパスの概要

 

雑誌の読み放題サービスって、どこがお得なの?

auブックパスや楽天マガジンが有名だよね

どちらがお得なのかな?

電子書籍の普及とともに、雑誌もスマホやタブレットで読む時代になりました。

ブックパスの料金

auブックパスは270誌以上の雑誌に加え、50,000冊以上のマンガ・書籍・写真集が月額562円で読み放題。

雑誌1冊400~700円くらいなので、雑誌好きの方にはとってもお得ですね!

ただし、ちょっとクセがあります。「読み放題」という言葉だけに釣られて契約すると後悔するかもしれません。

この記事では「楽天マガジン」と「ブックパス」を比較してみました。

auブックパスの特徴をしっかり把握した上で、契約をご検討ください。

やさしく解説するよ

なお、先に結論だけ紹介すると
「新雑誌をすぐに読むなら楽天マガジン」
「たっぷり読むならauブックパス」です。

\まずは無料でお試し/

要点だけ読みたい方はこちら

ブックパスとは?

auブックパスには2種類の料金プランがあります。

読み放題
アラカルト
料金
月額562円
1冊毎購入
取扱冊数
5万冊以上
35万冊
対象 雑誌、マンガ、書籍、写真集

アラカルトプランはKindleや楽天ブックスと比較すると明らかに見劣りします。

この記事では「読み放題プラン」に限定して解説します。

auブックパスの使い方

ブックパスの使い方

auブックパスで本を読む方法は2つです。

  • ホームページから読む
  • ダウンロードして読む

スマートフォンやタブレットにダウンロードしておけば、通信料を気にせずいつでも本や雑誌を楽しめます。

通勤や通学、隙間時間にピッタリですね!

読みたい本を選んで「ダウンロードして読む」を選択するだけなので、操作はとってもかんたんです。

いつでも本が読めるよ!

関連記事:ブックパスで本や雑誌をダウンロードする方法

auブックパスの特徴

ここからは「楽天マガジン」と比較しながらauブックパスの特徴を紹介します。

ブックパス
楽天マガジン
配信日
遅い
早い
操作性
ページ数

ブックパスは雑誌の配信が遅い

ブックパスの雑誌

auブックパス最大の欠点ですが、雑誌の配信がとにかく遅いです。

  • 楽天マガジン:発売日に配信
  • ブックパス:数日遅れて配信

情報鮮度が重要な雑誌を読む場合は「楽天マガジン」を選択しましょう。

とはいえ、もはや雑誌にスピードを求める時代ではありません。ファッション誌や料理系の雑誌などは1週間遅れても情報の価値はほとんど変わりません。

わたしにとって雑誌は「隙間時間を有効に活用できるもの」なので情報鮮度は気になりません。

鮮度命の方は楽天マガジンがオススメです!

auブックパスの操作性

ブックパスの操作性

雑誌専門である「楽天マガジン」と比べ、マンガや実用書も配信している「auブックパス」はメニューが複雑です。

“雑誌専門” の楽天マガジンの方がシンプルで使いやすいのは当然ですね。

雑誌だけなら使いやすいのは楽天マガジン!

雑誌ページ数はブックパスの圧勝

ブックパスの雑誌

ここまで欠点の紹介ばかりが続いた「auブックパス」ですが、ページ数では「楽天マガジン」を圧倒しています。

権利の問題などで、読み放題の雑誌は紙の雑誌よりページ数が少ないです。

「読みたい特集ページが配信されていなかった」というのはよくあることです。

主要な雑誌のページを比較してみました。

ブックパス
楽天マガジン
SPA!
158ページ
120ページ
Newsweek
68ページ
68ページ
週刊アスキー
183ページ
141ページ
SOCCER
DIGEST
100ページ
70ページ
Number
65ページ
65ページ
non-no
188ページ
166ページ
Ray
210ページ
209ページ
PRESIDENT
62ページ
58ページ
週刊東洋経済
120ページ
83ページ

一目瞭然ですよね。雑誌を隅から隅まで読みたいのであれば、絶対に「auブックパス」の方が優れています。

わたしみたいな「隙間時間にのんびり読みたい」タイプの人は、情報量がしっかりしていることの方が重要ではないでしょうか。

たくさん読みたいならauブックパスだね!

※料金は日割りなので、月初に契約しても月末に契約しても損はありません。

auブックパスのマンガ読み放題

ブックパスのマンガ

 

残念ながら、メジャーな作品はほぼありません。

「マンガ読み放題」に期待して「auブックパス」を契約するのはやめましょう。

auブックパスのマンガ読み放題サービスは乱立している無料マンガアプリと大差ありません。

マンガ目当てだと後悔するかも
とはいえ、「おまけ程度」に考えておくと結構ありがたいです。

「カイジ」や「新・ブラックジャックによろしく」が全巻読み放題なのは嬉しいですね。

関連記事:ブックパスで全巻読み放題のオススメマンガ

auブックパスの実用書読み放題

ブックパスの実用書

 

マンガ読み放題より嬉しいのは「実用書読み放題」

ビジネス書に始まり、料理本やインテリア、スポーツ本なども読み放題に含まれています。

調べたいものがあれば、ここから探してみるのもいいですね。

▼一部の写真集も読み放題の対象です!
ブックパスの写真集

本屋さんに行く前にチェック!

関連記事:ブックパスで読み放題のオススメの実用書

auブックパスの評判

好意的な口コミ

否定的な口コミ

好意的な声が多いね!

ブックパスのよくある質問

au以外の契約者でも利用できる?

利用できるのは「au契約者のみ」です。


ブックパスの対応機種は?

au公式HPに一覧が記載されていますが、機種が多すぎて探すのは大変です。
最近のスマホやタブレット、PCであれば問題なく利用できます。


いつでも解約できる?

解約処理は2-3分で完了します。30日間の無料期間内に解約する場合、料金はかかりません。

関連記事:ブックパスの退会・解約方法を1分で解説する


解約した後も本は読める?

解約すると、読み放題の雑誌や本は読めなくなります。

30日の無料期間中にたくさんダウンロードしておいて、解約後に読むという事は出来ません。

ダウンロードしても解約すると読めないよ!

ブックパスは初回30日間無料

契約を迷っている方は「30日間の無料体験」をお試しください。

30日間以内に解約すれば、料金はかかりません。auからのプレゼントを利用しないのはもったいないですよ!

無料体験で損することはないので、ブックパスの長所や短所をいつまでも調べているよりも、実際に操作して体験した方が早いです。

無料体験で損することはないよ!

auブックパスのまとめ

ブックパスのまとめ

最後に、auブックパスの特徴を楽天マガジンと比較してまとめておきます。

auブックパス
楽天マガジン
月額
562円
380円
雑誌
約270誌
コミック5万冊
約200誌
マンガ
実用書
写真集
無料期間
初回30日間
初回31日間
利用対象
auユーザー
全員
配信日
遅い
早い
操作性
ページ数

ご覧の通り「auブックパス」と「楽天マガジン」のちがいはハッキリしています。

「速さ重視の楽天マガジン」
「たっぷり読めるauブックパス」
と理解しておけばいいでしょう。

雑誌一冊購入するのに400-700円かかりますので、いずれのサービスでも毎月雑誌に使う料金を大幅に節約できるのは間違いありません。

合うのはどっち?

雑誌読み放題サービスの利点は、読んだことのない雑誌との出会いがあること。

例えば男性が女性誌を買うのはちょっと抵抗がありますよね。

でも自分のスマホやタブレットなら周囲の目を気にする必要はありません。普段見たことのない情報に触れると、自分の世界が広がっていきます。

特にauブックパスは270誌もあるので、初めて読む雑誌ばかりです。好奇心旺盛な人にはピッタリですね。

私は通勤中に見ることが多いですね!おかげで長い通勤時間も苦ではなくなりました。

スキマ時間にぴったり!

ブックパスの魅力
  1. 雑誌料金を節約
  2. 新たな雑誌と出会える
  3. 移動時間を有効活用
auユーザーであれば「30日間の無料体験」があるので、悩んでいるようであればぜひ一度auブックパスをお試しください。
auユーザー限定のプレゼントを使わないのは損ですよ!

マンガ好きな方はラインナップが頻繁に更新されるのでお早めにどうぞ。

>> ブックパスを30日間無料体験する

\まずは無料でお試し/

※料金は日割りなので、月初に契約しても月末に契約しても損はありません。

>> 楽天マガジンの無料体験はこちら

[AD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status