高橋祥平の解体新書【ジュビロ磐田】 | みぎいろ!

高橋祥平の解体新書【ジュビロ磐田】

2017年にジュビロ磐田に加入して以降、鋭い読みと持ち前の身体能力で堅守・ジュビロを支える高橋祥平

明るい性格でサポーターのハートもガッチリ掴んでいます。

早くも名波ジュビロに欠かせない存在となった高橋祥平選手をもっと知ってもらうためにプロフィールをまとめました。

高橋祥平のプロフィール

2017年に「名波監督からいただいた言葉に惚れ込んで」ジュビロに移籍

なお、ヴェルディユース時代、トップチームに名波浩が在籍していた。

小学校ではFW、中学ではMF、高校ではDFを経験。当時の監督の遊び心で高橋祥平をCBで起用したところ、これがピタリとハマり、現在に至っている(ジュビロTV #275)

武器は身体能力、正確な読みとビルドアップ

大宮在籍時は、3試合の出場停止処分を課されるなど熱すぎる性格が問題視されていた。

長男誕生後、奥さんに「子供がいることも考えてね」と言われてからは心を入れ替え、2014年以降は退場処分なし。警告数も少ない。

ジュビロ加入直後には第2子の女の子が誕生。心身ともに充実したシーズンを送っている。

高橋祥平の2017シーズン

シーズン直前の怪我により出遅れるものの、6節の横浜Fマリノス戦でからフル稼働。

以降は、出場停止となった31節を除いて全試合に先発出場。3CBの一角として、リーグ最少失点を達成したジュビロのDF陣を支えた。

13節の広島戦、23節のC大阪戦ではDAZN週間ベストイレブンに選出。

ルヴァン杯の大宮戦でジュビロ加入後初ゴールを記録。天皇杯の湘南戦でもダメ押しとなる4点目を決めた。

天皇杯・準々決勝の横浜Fマリノス戦では自身のオウンゴールにより悔しい敗戦。その後のファンイベントで名波監督にイジられた。

持ち前の身体能力とCBらしからぬ攻撃参加ですぐにサポーターに愛された高橋祥平。

ファン感謝デーでは川又とブルマレンジャーの一角として会場を沸かせた。

毎試合鳴り響く「祥平チャント」は本人いわく10点満点中9.5点とのこと。(サポマガvol.124)

高橋祥平 メモ

  • 生年月日:1991年10月27日
  • 出身地:東京
  • 身長:180cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:B型
  • 利き足:右
  • 出身チーム:東京ヴェルディジュニアユース
  • 好きな番号は?:17
  • 背番号41を選んだ理由:尊敬する土屋征夫が着けている番号だから
    ※大宮移籍後に付けた背番号17も土屋が付けたことがある番号
  • 好きな選手:セルヒオ・ラモス(サポマがvol.124)、プジョル(エルゴラ2017)

試合前日は12-13時間睡眠するのがルーティーン(月刊ジュビロTV #6)

試合中にふざけることがあり、大井健太郎が「ここから10分集中しよう」と鼓舞した後に「とりあえず1分集中しよう」と真似したと語っている(健太郎は無反応)(サポマガvol.123)

高橋祥平の出場歴

所属リーグ戦出場得点
09東京V251
10東京V201
11東京V281
12東京V386
13大宮321
14大宮346
15神戸262
16神戸130
17磐田280

\こちらの選手もチェック!/
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status