スターウォーズ4 新たなる希望【感想・解説・ネタバレ】 | みぎいろ!

スターウォーズ4 新たなる希望【感想・解説・ネタバレ】

最新作「最後のジェダイ」の公開を目前に控え、盛り上がりを見せるスターウォーズ

CMがバンバン流れていますし、街中で広告を見ない日はないですね。

私は28年生きているのですが、1作たりともまともに「スターウォーズ」を見たことはありません。

スターウォーズといえば全世代、特に40-50代に人気があるイメージがあります。子供の頃に見てきた映画なので当然ですよね。

職場の飲み会でもスターウォーズで盛り上がったりもしていますが、私は蚊帳の外…。

「これはマズイ…!」というタイミングで、「Hulu」がスターウォーズ全作見放題キャンペーンを始めたので、ここぞとばかりにスターウォーズを見ることにしました!

私と同じく、スターウォーズを見たことない人も、ぜひ一緒にスターウォーズを楽しんでみませんか?

全部見るのが大変だという方は、あらすじだけでも読んでおけば最新作を楽しめますよ!

スターウォーズ4 新たなる希望 あらすじ

プロローグ

時は内乱の嵐が吹き荒れるさなか、凶悪な銀河帝国の支配に対し反乱軍の宇宙艦隊は秘密基地から奇襲攻撃を仕掛け、初めての勝利を手にした。

その戦闘の間に、反乱軍のスパイは帝国の究極兵器に関する秘密の設計図を盗み出すことに成功した。それは「デス・スター」と呼ばれ惑星を丸ごと粉砕できる破壊力を兼ね備えた恐るべき武装宇宙要塞だった。

邪悪な帝国の手先どもに追われながらも、レイア姫は自らの宇宙戦を駆って、盗み出した設計図を携え、故郷の星への道を急いでいた。

この設計図こそが、人民を救い再び銀河に自由を取り戻すための鍵となるのだ・・・

新たなる希望1:出発

故郷の星へと向う途中、帝国軍に捕まってしまったレイア姫だが、間一髪の所で「デス・スター」の設計図をR2-D2に隠し、人間型ドロイドのC-3POと共に砂漠の惑星「タトゥイーン」に逃す。

タトゥイーンに漂着したR2-D2と3POは原住生物ジャワに捕獲されてバザーに出されたところ、農場手伝いの青年ルーク・スカイウォーカーに購入される。

ふとした拍子にレイア姫からのメッセージを目撃したルークは「ジェダイの騎士」の生き残りであるオビ=ワン・ケノービにそのメッセージを届ける。

オビ=ワンはライトセーバーをルークに渡し、帝国軍と反乱軍の戦闘や“フォース”について語りはじめる。そしてレイア姫のメッセージを受けて、彼女の故郷の惑星オルデランの旅へルークを誘う。

一旦は断ったルークだが、帝国軍の追っ手に両親が殺害されたことから、父のようにジェダイの騎士になる事を誓う。

敏腕の宇宙船操縦士であるハン・ソロとチューバッカを雇った一行は、彼らの宇宙船「ミレニアム・ファルコン」でオルデランへと向う。

新たなる希望2:レイア姫の救出

帝国軍の執拗な尋問に抵抗していたレイア姫だが、故郷オルデランを破壊すると脅され、やむなく反乱軍の基地の所在を教えてしまう。

だが、デス・スターのターキン総督は見せしめとして、レーザーでオルデランを破壊してしまう。そうとも知らないオビ=ワンとルークはオルデランがあった場所に到着するも、デス・スターに捕らえられてしまう。

上手く船内に隠れていた一行は敵兵に紛れてデス・スター内に侵入し、捕えられていたレイア姫の救出と脱出に成功する。

しかしオビ=ワンは、かつての弟子であり、ジェダイの騎士を裏切ったダース・ベイダーに殺されてしまう。

新たなる希望3:滅亡の危機

失意のルークだが、帝国軍の猛追をなんとか振り切って反乱軍の秘密基地がある衛星ヤヴィン4に到着する。

持ち帰ったデス・スターの設計図からは「反応炉の排熱口が地表に直結している」という構造上の弱点が判明し、デス・スターを破壊する作戦が立案された。

しかし、追跡装置を仕掛けて「わざと」ルーク達を逃がした帝国軍も衛星ごと破壊するべくヤヴィン4へと近づいていた。

元々でも凄腕パイロットであったルークは作戦に参加するが、ハン・ソロはレイア姫から受け取った謝礼を手に、作戦に加担することなく姿を消してしまう。

新たなる希望4:結末

30機程の小型戦闘機でデス・スターに乗り込んだ反乱軍だが、ダース・ベイダーに撃墜されてしまう。

最後の1人となったルークが撃ち落とされようとした瞬間、突如として現れたハン・ソロの船がダース・ベイダーを撃退。その一瞬を突いたルークはミサイルを打ち込み、デス・スターは木端微塵に吹き飛んだ。

基地に戻ったルークとハン・ソロは、デス・スター破壊を湛えられ、レイア姫からメダルを贈呈され、大いに祝福された。

スターウォーズ4 新たなる希望 感想

まず、この映画が1977年に制作されたという事実に驚きを隠せない。1977年といえば、私が生まれる10年以上前である。そんな時にこんな映画を見ていたら興奮するのも無理はない。

冒頭のメッセージが流れるシーンやレーザー銃など、現代の映像技術と比較してしまうと安っぽくに感じてしまうのは否めないが、当時革新的だったのは間違いない。

それどころか、タトゥイーンでルークが乗っていた小型飛行機(?)やこの星の住む動物は新鮮で、初見の私からすると未来的に感じられたほどだ。

作品全体に色濃く感じられたのはSF映画のとしてのこだわり。

ライトセーバーはもちろん、ロボットやデス・スターのレザー、ミレニアムファルコン号のレーザーなど、とにかく男の子が喜びそうな要素がわんさか詰め込まれていた。

特にルークが乗っていた飛行機はぜひ実現化して欲しい!笑

帝国軍の巨悪っぷりもお見事。
戦争は御免だが、こんな未来が訪れたらいいなと、期待を抱かせるには申し分のない映画だった

スターウォーズ全作を振り返ろう

現在、Huluでスターウォーズの全作を配信中!

総称
公開年
タイトル
プリクエル
トリロジー
(新三部作)
1999年 エピソード1
ファントム・メナス
2002年 エピソード2
クローンの攻撃
2005年 エピソード3
シスの復讐
オリジナル
トリロジー
(旧三部作)
1977年 エピソード4
新たなる希望
1980年 エピソード5
帝国の逆襲
1983年 エピソード6
ジェダイの帰還
シークエル
トリロジー
(続三部作)
2015年 エピソード7
フォースの覚醒
2017年 エピソード8
最後のジェダイ
2019年 エピソード9
未発表

エピソード1からエピソード7まで全て視聴できます!

最新作「最後のジェダイ」を最大限楽しむために復習するにはピッタリですね!

スターウォーズを他の動画配信サービスでも配信されていますが、どれも1作品ごとに追加料金がかかります。

月額933円のHuluが圧倒的にお得ですよ!

なお2週間無料体験もできますので、この機会にスターウォーズを楽しんでください!

>> スターウォーズを無料視聴する

関連記事:【比較】スターウォーズを1番安く視聴できる動画配信サービスは?

[AD]

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status