解説|ルビンの壺が割れたは読み返した時の恐怖感が半端ない【感想・ネタバレ】 | みぎいろ!

解説|ルビンの壺が割れたは読み返した時の恐怖感が半端ない【感想・ネタバレ】

 

アメトークの読書芸人をきっかけに「ルビンの壺が割れた」を読みました。

読み進めているときの感情の変化をかんたんにまとめると

  1. うわ、ストーカーだ!
  2. あれ、もしかして純愛だった?
  3. やっぱりただの変態だった

といった感じです。

誰も幸せにならないので、ハッピーエンドの作品が好きな方は読まないことをオススメします。

「ルビンの壺が割れた」の凄さは、最後のメッセージを読んだ後に、読み返したときのドライブ感。

純愛小説と思いながら読んでいたこともありましたが、全く違いました。

ただの変態野郎でした。

関連記事>>>アメトーク 読書芸人で紹介されたオススメ本まとめ【2017】

ルビンの壺が割れた あらすじ

「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」

――送信した相手は、かつて恋人だった女性。

SNSでの邂逅から始まったぎこちないやりとりは、徐々に変容を見せ始め……。

ジェットコースターのように先の読めない展開、その先に待ち受ける驚愕のラスト。

覆面作家によるデビュー作にして、話題沸騰の超問題作!

水谷は不幸なのか?

まず、この水谷という人物はかなり恵まれていると思います。

確かに中学3年生の時に両親が交通事故で亡くなったのは不幸でしょう。

引き取ってくれる叔父がいたからとはいえ、中学生の多感な時期ですしショックは大きかったはずです。

それでも才能に恵まれていたのは間違いありません。

  • 成績優秀
  • お金に困らない
  • 女性にモテる
  • 演劇の才能がある

確かに自分を慕っていた2人の女性が叔父や不特定多数の人物を身体の関係を持っていたことを知れば「女性不信」になるのは無理もないでしょう。

ただし、水谷には体を売ることへの偏見が強いと思います。

まず未帆子が風俗で働いていた理由は「お金のため」です。

風俗をまともな仕事というのは語弊があるかもしれませんが、お金のない女性を救うために世の中に必要な職業だと思っています。

少なくとも、知り合いの女性が風俗で働いていたとしても、それだけでその人を避けるようなことはありません。

でもそれは単に体の関係だけです。そこに愛はありません。水谷様とのセックスは違います。それは愛の営みでした。わたしはあなたを愛していたのです。

未帆子の行為は万人に受け入れられるものではありませんが、少なくとも犯罪ではありません。

優子が叔父と肉体関係を持っていた理由は不明ですが、他に頼る親戚がいないため、叔父に肉体関係を迫られて断れない状況なのは確かでしょう。

未帆子と優子が水谷に好意を抱いていたのは間違いありません。

女性不信になるのは仕方ないかもしれませんが、「幼女わいせつ&殺人」は擁護できるものではありません。

私の今日の不幸の原因はすべて、優子と未帆子にあると言えば、言い過ぎでしょうか──。

最後の言葉通り、救いようのない変態野郎です。

刑務所にいた30年間、ずっと自分の犯罪が優子と未帆子のせいだと考えていたのでしょうね。

水谷がメッセージを送った目的は?

初めて本を読み進めている間に気になっていたのは「メッセージを送った理由」です。

解像度が今一つだったのではっきりとはわかりませんでしたが、かつて貴女がいつも身に着けていたティファニーのネックレスに似ていると思いました。

この絵も貴女に無断でダウンロードして、大きく引き伸ばしてプリントアウトし、部屋に飾っています。

そもそも未帆子のアカウントの見つけ方がかなりストーカーぽかったので、目的が「復縁」であることは間違いないと思っていました。男性は女性と違って粘着質ですからね。

でもちがいました、「復讐」ですね。

水谷が刑務所を出た後に優子が失踪していますが、これも水谷による殺人であることは間違いないでしょう。

貴女の幸せが長く続くことを祈っています。

そう綴っておきながら、

ところで、もしよろしければ、貴女のご住所を教えていただくことは可能でしょうか。

と、住所を聞いています。

本当に未帆子の幸せを願うのであれば、既婚者の住所を聞くなんてことはありえません。

当然、これには未帆子も警戒し、返信が途絶えています。

それでも返信したのは、水谷が改心したのだと思ったから。

未帆子は優しい人ですよね。いくら愛した人であれ、殺人犯と積極的に連絡を取り合う人はごくわずかでしょう。

・・・まあ、一通も返信しない方が水谷のためだったかもしれませんが。

追伸 最後に、もしよろしければ、今のご苗字を教えていただくことは叶わないでしょうか。たとえ、もう二度と会えなくても、私が生涯で一番愛した女性のフルネームを知りたいというのは、あまりにも子供じみた感傷でしょうか。

名字を聞いたのも、復讐のためですよね…。

ルビンの壺が割れたは2度読むべし

初めて読んでいるときは「まさかの純愛展開あるかも」と思うこともありましたが、改めて読み返すと恐怖の連続です。

私だったら絶対に水谷とメッセージしたくありません。

愚かな人生だったと思います。やり直せるものならやり直したい、心からそう思いました。そしてやり直すとしたら、貴女と挙げるはずだった結婚式の日からです。

つまり、幼女わいせつ&殺人はやり直しの対象になっていないんですよね…。

 

水谷様はPCなどは使われないという勝手な思い込みがあったからです。

初めて読んだときは「水谷がアナログ人間だから」と思いましたが、「服役中だから」ですね。

これに対する水谷の返事がこちら。

私がPCを使いだしたのは三年前からです。

初めてPCを触ったとき、世の中にこんな凄いものがあったのかと驚きました。ははは、今どきこんなことを言っている人間は、どこにもいないですよね。

間違いなく「刑務所にいたから」ですよね。

 

私は優子を許そうと思いました。一度の過ちで人を裁けるほど、自分自身が出来た人間ではなかったからです。それに一度こんなことがあったなら、次はないだろうと思いました。

優子が他の男性と肉体関係を持ったことに対してこう書いておきながら、殺人は繰り返していますね。

 

もっとも後にこれは警察に押収され、今は手元にありません。別に惜しいとは思いません。というか、二度と見たくないものです。

初めて読んだ時には「なぜ警察?」と思いましたが、幼女わいせつがあったのであれば優子のポルノ写真は押収されて当然ですね。

 

大きなストレスというのは、自制心や抑制力を失わせると聞いたことがあります。

叔父の家を出てから三日ぐらいは自分が何をしていたのか記憶にありません。

実は私の中にはずっと悪魔が棲んでいたのです。

私は生まれながらの犯罪者などというものは存在しないと思っています。犯罪には、そこに至る理由がある。

ここでも、自分の罪を認めていないような表現があります。

強いストレスを受けた時、本当に記憶をなくすのかどうかはわかりませんが、刑務所に入っていたのであれば、少なくとも事実は知らされているでしょう。

本気で記憶がなく、優子さんを殺しているのであれば、なおのこと恐怖です。

 

そして、「ルビンの壺がわれた」で1番恐怖を感じた箇所がこちら。

(優子さんは)昨年の秋に突然、謎の失踪をしていることがわかりました。水谷様がアカウントを消された頃です。

なぜアカウントを消したのか。最初は意味がわかりませんでした。

でも、こう考えると合点がいきます。

優子さんともメッセージを取り合っていて、殺害した。そして、証拠を隠滅するためにアカウントを削除した。

追伸 前のアカウント(というのでしょうか)を消して新たなアカウント名で登録しなおしましたが、特に意味はありません。

意味ありまくりでしたね。本当に恐ろしいです。

 

ルビンの壺が割れた 評判

最後に、ルビンの壺が割れたの評判・口コミをまとめておきます。

アメトークでは「賛否両論」という評価でしたが、Twitterでは絶賛の嵐ですね。

次の記事>>>アメトーク 読書芸人で紹介されたオススメ本まとめ【2017】

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status