はあちゅう『半径5メートルの野望』を読んで心に刺さった言葉 | みぎいろ!

はあちゅう『半径5メートルの野望』を読んで心に刺さった言葉

はあちゅうさんをご存知でしょうか?

ひとことで紹介すると「ブログで人生を切り開いた先人」です。

はあちゅうさんの名前を聞いたことはあっても、どんな活動をされているかなど、深く調べたことはありませんでした。

ただ、存在は以前から気になっていたので、他のブロガーさんも絶賛している『半径5mの野望』を読んでみました。

これが…「刺さった」

いまの自分にズバズバ刺さる言葉がたくさんありました。

私は同じ本を読み返すことはほとんどありません。(マンガを除く)

時間のムダだと感じてしまうタイプです。このはあちゅうさんの本も素晴らしい内容でしたが、読むのに2時間近くかかるので、読み返すことはないでしょう。

それでも、記憶からだんだんと消えてしまうにはもったいない言葉ばかりだったので、気軽に読み返せるように、特に印象的だった言葉を書き記しておきます。

中には前後の文脈も読まないと理解できない言葉もあると思うので、気になる方はぜひ手にとってみてください。

誇り

世の中に誇れるような大きな実績がなくても、自分自身が、自分の人生に誇りを持っていたら、それは、勝者の人生だと私は思います。

ただ、その誇りは努力と葛藤からしか生まれないとも思っています。

本当にそう思う。結果を出している人は、誰よりも努力して誰よりも悩んでいる。

誇りをもっていきるために、もっと頑張ろう。

批判

小物たちが私のアラを探しまくっている間に、私は大物になるために頑張るのです。

実際、人に言えるような実績がある人は、他人の批判なんかで時間をつぶす暇はありません。

最近、悲しいコメントが書き込まれるようになって落ち込んでいた私にぴったりの言葉。ネガティブな人や粗探しばかりする人とは近づきたくないですね。

批判を乗り越える方法は、自分の作業に没頭することだと思っています。

好きなことだけで生きられる?

「やりたいことをやるために、やらなくてはいけないことをやる」というのは全世界、どんな人にも共通するルールです。

「好きなことだけして生きていく」
そんな聞こえのいいフレーズをバッサリ切り捨てた気持ちよい言葉。

好きなことをやるためには、その裏の苦労があるのは当たり前。

投資

自分で自分を上機嫌に保つために、「自分が気持ちよくなるためのこと」には気前よく投資します。

お金を使うときは「消費」か「投資」かを意識するようにしています。

美味しいご飯を食べたりすることは「消費」に見えますが、自分という資本を円滑に活動させるために投資することも重要ですよね。

別れ

人生では節目節目に、終わらせなくてはいけない人間関係もあるでしょう。

時に苦しい別れがあるかもしれないけれど、それは、自分が今よりも高い場所に行くために、神様が強制的に前の環境を終了させて、関係を切り離してくれたのだと思うようにしています。

卒業などで、親しい友人と離れ離れになることはつらいけど、新しい場所では新鮮な刺激があります。

納得感のある力強い言葉。

不安

不安に思うことは、実はまだ起きていないうちが一番怖い

ちょっとニュアンスは違いますが「9割以上の心配事は現実にならない」という言葉も好きです。

いざ行動してみると、なんでもなかったことなんていくらでもあります。

自己紹介

相手に説明ナシで自分のやっていることを知ってもらえているような、「自己紹介のいらない人」になることが目標でした。

これは私の目標でもあります。

「こういうブログを書いている人ですよね」「あの記事面白かったです」

自分の考えを知ってくれている人に会うのは楽です。

幸せ

見るからに不幸そうな男性に「君を幸せにしたい」なんて言われてもピンとこないように、幸せを自身で感じられない人が、周りに幸せを与えることなんてきっとできません。

完全同意。

「社長になりたい」のように、何かの職業や役職に就くことを、夢だと勘違いして、公言している人がいます。

それはおそらく、学校などで「何になりたいですか?」といきなり難しいことを聞くせいだと思います。

本来なら「何をやりたいですか?」という質問があって、「そのためには、どんな方法があると思いますか?」と聞くべきでしょう。

日本社会の洗脳教育のひとつ。

「どんな会社で働きたいか」「何になりたいか」よりも「そこで何をやりたいのか」の方が重要です。

肩書きはあまり意味をもちません。

夢を叶えると決めたら、締め切り日を決めることが一番大事です。

「夢に日付を入れる」ことを推奨している有名な経営者は何人もいますが、確かに、締め切りがある夢は叶うし、ないものは叶わないと思います。

自分は苦手ですが、本当に大事なこと。

夢は実行なレベルもで細分化していかないと、いつまでも夢のままで終わってしまいますよね。

年内に月収10万以上いってやる…!

覚悟

覚悟というのは運を運んできてくれる。運は本気と仲良し。

結局、結果を出している人って覚悟がちがうんですよね。自分はまだまだ足りない。

心の満足度

夢が叶ったくらいでは、自分自身は劇的に変わらないということです。

心の満足度は自分で意識して変えない限り、変わらないのだということに気づきました。

社会人になって気づいたこと。

いくら稼いでも、どんなに素晴らしい仕事をしても、いまの幸せを大切にできなければ幸せになれない。

夢が叶うとは?

「夢が叶う」というのは、すごいことのように思ってしまうけれど、叶うと120%幸せだというわけではなく、

夢が叶っている間も「苦しい」と「楽しい」の両方があるんだな、生きている限り、常にこの状態は変わらないんだな、と。

人生にゴールなんてない。
みんな悩んでるってことがよく分かる言葉。
いまを楽しめるかどうか。

幸せになる

「幸せになる」には、資格も条件もなく、自分が「今、幸せになる」と決めるだけで幸せになれる。だからこそ、幸せになる勇気をちゃんと持ちたいと思います。

簡単なようですっごく難しい。
でもこれを乗り越えないと幸せにはなれない。

幸せになりたいっつ!!!

居場所

私は、これからも誰かの心に残る仕事をすることで、自分の居場所をつくり続けたいと思っています。

自分が満たされることは、誰かに感謝されたとき。

その考えはいつまでも変わらないと思います。

キラキラ

成功しているからキラキラしているのではなく、頑張り続けているからキラキラして見えるのです。

そうそう。

答え

一番考えなければいけないのは、「自分は何のためにブログを書きたいのか。ブログを通じて、どういうことを世の中に発信したいのか」です。

それは、自分の内側を掘らないと、出てきません。外ではなく、中に中に掘っていく。

答えというのは、外にあるとは限らないのです。

ネットに答えを探しても答えが見つからないのはこういうこと。

「いつか変われる」と思っている人はいつまでも変われない。

不幸な人

貧乏人は自分に起きたことを全部人のせいにする

常に不幸な人は、不幸な状態が好きだから、不幸なのです

うんうん。こういう人たちが周りにいる環境からは抜け出したいです。

行動できない人

いつも行動できない人は、とかく、理由にこだわりすぎます。結果、行動できない人になるのです。

「なんで?」「なんで?」と誰かに聞きまくる人の顔には、大体、小物感が漂っています。

行動しない人ほど、理由と順番にこだわります。

「行動すること」が一番大事。
何時間も調べるより、自分の手で体験した方がわかる。

はあちゅうさんの他の著書も読んでみたいけど、行動することの方が大事なので、いまから行動します!

\こちらの本もどうぞ/
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status