みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高22万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

うつ病の正体に迫ったマンガ『うつヌケ』は全ての社会人に読んでほしい名著だった。

▼おすすめ記事Kindle paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

f:id:jubilove:20170528233909j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

 

皆さんはうつ病になったことはありますか?

 

私はうつ病になったことはありません。でも、うつ病だった友達は何人かいます。

 

「私、うつ病なんだ」

そう告白されたとき、私はどうすればいいかわかりませんでした。

 

「うつって何だろう?」

うつ病のことが全然分からなかったんです。

 

そんな私ですが、ある日手に取った「うつヌケ」という本で、うつ病の正体がようやく見えてきた気がします。

 

それどころか、自分がうつ病予備軍だったことに気づきました笑

 

というか、日本人の大半はうつ病予備軍じゃないかと思うようになりました。

 

『うつヌケ』はうつ病を克服した17人の体験をもとに、マンガ形式でうつ病を解説しています。

 

『うつヌケ』はすべての社会人に読んで欲しい名著です。

 

 

 

『うつヌケ』に書いてある「うつ病の正体」や「うつ病を克服するための方法」をまとめてみました。

 

私は専門家ではないので、あまり自分の色を加えずに書き記しておきます。

 

詳しく知りたい方は、ぜひ本を手にとってみてください。

 

なぜ人はうつになるの?

 

自分をキライになるから

 

単純明解。

これが真理なんですね

  

うつ病の正体とは? 

f:id:jubilove:20170528234253j:plain

 

・うつ病は「これ以上ムリしてはいけない」という体が発する「非常ベル」

(自分の心が自分の体や脳を嫌いになっていくと、嫌われた身体や脳は心に対して反応する)

 

・「うつ」とは自分の持つエネルギーが心の闇に集中すること

  

■うつの症状

 ・毎日続く原因不明のつらさ

 ・原因不明の恐怖と不安

 ・何をやっても感動がわかない

 

うつになりやすい人の特徴

・生真面目

・気が小さいが前向き

・責任感強し 

・認知が歪んでいる(悪い方に考えてしまう)

 

うーん、私は見事にあてはまっています笑

ネガティブに考えてしまうのはついやってしまいがち。

 

それでも、物事を悪い方に考える人は「危機を回避しやすく、生き残る確率が高い」と太古から伝わってきたDNAなんですって。

 

私たちがネガティブなのは当たり前!

だから「ネガティブな自分は優秀」くらいに自分を肯定しましょう。

  

ネガティブでもいいんだね

うつになるきっかけ

・自分がすべて悪いと思い込む

・自信を失う

・自分をキライになる(自分を責める)

・不向きな仕事を無理に頑張ってしまい心の病を発症させる

 

不向きな仕事を頑張る

→自信を失う

→自分をキライになる

 

まさにいま私がこの状態でした笑

うつ病になる前に気づくことができてよかったです。

 

うつになってしまったらどうすればいい?

 

自分を否定するものから遠ざかり、自分を肯定してくれるものに近づこう!

 

・自分を肯定するものがない人は、小さな達成感を得られるなにかを見つけよう

 

・ささいなことでもいいので必要とされている、役に立っていると実感できる瞬間を持とう

 

これが基本。逃げてもいいんだね。

うつ病を克服する考え方

f:id:jubilove:20170528234356j:plain

 

・他人に気をつかうのと同じくらい自分にも気を使ってあげよう

 

・日々の中で褒められたら、心の中で何回も何回も唱えよう

 

・子供の頃に閉じ込めていた自分の本心を、子どもの頃の自分を許してあげよう、認めてあげよう、解放してあげよう

(亭主関白のお父さんに甘えられなかった、友達が欲しいのに孤独を選んでしまった)

 

・自分を好きになろう

 1. ありのままの自分を受け入れる

 2. 「ー ねばならない」いう考えを捨てる

 3. ネガティブな言葉はやめて自分を褒める

 4. 心の奥底まで自分を好きで満たす(朝目覚めた時自分をほめる言葉を唱える)

   

・自分の責任だと思っていることを減らそう

 

・掃除をして家中をきれいにしよう(気分が晴れやかになる)

 

・心を晴れやかにする趣味に没頭しよう(家族であれば理解してあげよう)

 

■うつが治るサイクル

うつが治っていく

→仕事がうまくいく

→自分が好きになる

→さらにうつが治る

(このサイクルに気づく)

 

(メモ)

人間は本質的に

・自分が好き

・肯定されたい

・必要とされたい

→これに抗うと心が弱る

 

うつトンネルの出口あるある

f:id:jubilove:20170528234037j:plain

 

・周囲から「自分が必要とされている」ことを感じる

 

・自分を好きになる

 

・健康的なナルシズムを取り戻す(自己愛は悪いことではない)

  

なぜうつトンネルを抜けたのに時々戻ってしまうの?

 

うつ病は再発することがあります。

 

うつ病がある日を境に急によくなるわけではなく、一進一退を繰り返しながら徐々によくなっていくものだからです。

 

 

うつは「なる」ものじゃなくて、誰の心の中にも「眠っている」もの。

 

色々な原因で心が弱るとそいつらが出てきます。

※ストレス、気温差、気圧差など(人によって異なる)

 

でも、うつになるきっかけが分かっていれば、「うつ」と上手に付き合うこともできます。

(心が弱っているときはリラックスできることに取り組むなど。)

 

なお、若くてエネルギーのある人ほど、うつ病は再発しやすいそうです。

 

私はあまり眠れなかった翌日に心が弱ることが多いですね。

 

 最後に

f:id:jubilove:20170528234144j:plain

 

ここまで読んでもらえば分かる通り、うつ病は誰でもかかる可能性のある病気です。

 

「不向きな仕事を無理に頑張ってしまう」

こんなの経験したことない人の方が少ないですよね。

 

それでも、そこで自分のことがキライにならなければ、自分のことを褒めてやることができればうつ病は避けられるはずです。

 

 

文章ではどうしても伝わらないことも多いと思うので、ぜひマンガを手にとってみてください。

 

あなたがうつ病にならなくても、大事な家族、恋人、友人がうつ病になる可能性は大いにあります。

 

そのとき「肯定」の言葉をかけられるように、うつ病のことを理解しておきましょう。

 

うつと上手につきあおう!

 

 

ぜひ読者登録&フォローをお願いします!