みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高22万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

鼻血と共に育った私が教えられてきた、間違った鼻血の止め方

▼おすすめ記事Kindle paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

f:id:jubilove:20170429200511j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

いきなりですが絶不調です。

 

現在4月28日。4月12日くらいから風邪をひいているのですが未だに治りません。

  

最初はのどに違和感を感じた程度ですが徐々に悪化。

咳がひどくなったり、熱が出たり、頭がクラクラしながらも、ちょっと無理して出勤していました。

 

そんなある日、目覚めて洗面所に向かったところいきなり鼻血が出ました。その後も、シャワーを頭に浴びると鼻血が出る日が3日続きました。

 

奥さんは相当慌てていましたが、私は

なんだか懐かしいな・・・

という気持ちになりました。

実は子供の頃はしょっちゅう鼻血が出る鼻垂れ小僧だったんです。

 

今回は数年ぶりの鼻血を記念して、私が教わってきた鼻血の止め方を紹介します!笑

 

 

 

鼻血だらけの少年時代

 

小学校・中学校の「背の順」で先頭を独占するほど貧弱だった私。

 

記憶を掘り返してみると、小学1年生の頃からしょっちゅう鼻血を垂らしていました。ティッシュを鼻に詰めるのは当たり前の光景でしたね。

 

激しい運動をしていなくても、チョコレートを食べたわけでも、美人なお姉さんを見たわけでもないのに、突然鼻血が出ていました。

  

f:id:jubilove:20170429201126j:plain

 

鼻血が出て1番困ったのが「サッカーの試合中」です。

  

サッカー経験者には常識なのですが、「試合中に出血すると、一旦ピッチの外に出て、血が止まるまで中に入れない」というルールがあります。

 

 

このルールですが、当然鼻血にも適用されます。 

当時の私はヘディングをしなくても、激しい運動をしていない試合開始直後でも、突然鼻血が出てくることがありました。

 

「外に出ればいいじゃん」と思うかもしれませんが、ピッチの外に出ている間はチームメイトにも迷惑をかけますし、いつ止まるかもわかりませんので、ごまかしながらプレーしていました。

 

たいてい途中でボールやユニフォームに血がついてバレちゃうんですけどね笑

 

そんなわけで、子供の頃はしょっちゅう鼻血に悩まされていました。

 

間違った鼻血の止め方

 

鼻血を出した通算回数は余裕で3桁にいくであろう私。

様々な場面で鼻血を出してきたため、たくさんの人に鼻血の止め方を教わりました。

 

当時はインターネットもなかったので大人の意見を素直に信じていましたが、いま振り返ってみると間違いだらけですね。

 

鼻血の止め方①鼻にティッシュを詰める

f:id:jubilove:20170429200531j:plain

 

鼻血といえば「鼻にティッシュ」

これは止血方法ではなく、鼻血が出た時にやり過ごす方法ですよね。

 

出血量も多かった私は、ティッシュがすぐに赤く染まるので何度も何度もティッシュを入れ替えていました。

 

鼻血の止め方②上を向く、横になる

f:id:jubilove:20170429200546j:plain

 

今でこそ間違っているとの認識が広がりましたが、昔はしょっちゅう言われていました。

 

上を向いていると、逆流した血が気管に入ってしまいます。

また、寝る場合も枕などで頭を高くした方が良いですね。外傷があるときに傷口を高くするのと同じ原理です。

 

ただ、とんでもない量の鼻血が出た時は気にせず仰向けになっていました。なぜかスカートの女の子が真上を通ったのはいい思い出です

 

鼻血の止め方③首を叩く

 

こちらも間違った止血方法の定番ですね。

 

子供ながらに鼻を刺激しない方が良いことはわかっていたので、ほとんど実践しませんでした(数回試したけど)

 

鼻血の止め方④ひたすら流せ

 

いちばん衝撃だったのはこれですね。

「今出ているのは体に悪い血だ。だから全部外に出してしまえ」

 

なかなかとんでもない意見ですが、素直な私は

なんて名案なんだ!

と即実践しました。

 

なお、周囲が血の海になったのはいうまでもありません。あやうく体中の血がなくなるところでした。

 

 

正しい鼻血の止め方

 

私は専門家ではありませんので、解説はプロの方にお任せしますが、鼻の上あたり(骨じゃないところ)を軽くつまんで圧迫するのが良いとされています。

f:id:jubilove:20170429093505p:plain

出典:鼻血の正しい止め方は【考える人のポーズ】だった!鼻血を早く止めるための応急処置と鼻血の原因まとめ | ナースが教える仕事術

 

鼻血体質が改善した理由

f:id:jubilove:20170429201511j:plain

 

ここまで鼻血の止め方を紹介してきましたが、最高の鼻血対策は「鼻血を流さないようにすること」です。

 

空気を吸うように鼻血を出してきた私ですが、中学校の頃からはあまり鼻血が出なくなりました。

 

振り返ってみると、その頃成長期だった私は毎食ご飯2杯を欠かさず食べるようにしていました。

 

もちろん体に良い物を吟味してバランスよく食べることが大切ですが、好き嫌いなく何でもたくさん食べることが健康の秘訣ではないでしょうか。

 

 

最近出た鼻血も、体が弱っていたとはいえ栄養不足が背景にあるのは間違いないでしょう。 

 

特に最近はブログを書く時間を確保するために、料理は一切やらなくなりました。朝と夜はご飯+レトルトカレー。昼食は社員食堂です。

 

実家を離れてからここまで食事に気を使わなかったのは初めてでしょうね。

 

 

とりあえず応急処置として「1日分の鉄分のむヨーグルト」を毎日朝昼夜飲んでいます(笑)

 

栄養不足とはいえ、それでも料理に時間はかけたくないので、短時間で栄養を取れる方法があれば教えて下さい!(わがまま)

 

ではでは皆さんも血を流しすぎないようにお気を付けください。

あっ、また鼻血が・・・

 

 

ぜひ読者登録&フォローをお願いします!