みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高22万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

映画を安く見る実用的な方法を紹介する【1200円以上払ったら負け】

▼おすすめ記事Kindle paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

f:id:jubilove:20170722082935p:plain

 

こんにちは、週1のペースで映画館に通っているらいとです。

 

私は27歳の大人ですので通常料金は1800円ですが、毎回1200円で映画を見ています。

 

世の中には映画を安く見る方法が溢れていますが、中には面倒な方法も。たった数百円安くするためだけに貴重な時間を費やすのはムダです。

 

また、映画をいますぐ見たいのに、安くなる日まで待つのも絶対に損しています。

 

今回は毎週映画館に通う私が実践している、映画を安く見る方法を紹介します!

 

 

 

映画の通常料金

 

一般 1800円
大学生 1500円
高校生
1000円
中/小学生
1000円
幼児(3才~)
1000円

 

まずは映画の通常料金を確認しておきましょう。

大人は1800円。高校生以下は1000円です。これはどの劇場でも同じですね。

 

映画を安く見るならムビチケ

 

 

さて、映画を安く見る方法はたくさんありますが、私が使っている方法は基本1つだけです。

 

それが「ムビチケ」

なんといつでも400円引きで映画を見ることができます。私が映画を見るとき、これを使わないことはありませんね。

 

ムビチケが最高なのは「いつでも使えること」

そして、「座席指定ができること」

 

私はいつも「TOHOシネマズ」で映画を見ていますが、

①ムビチケを購入

②TOHOシネマズのアプリで座席予約

③購入したムビチケで支払い(0円)

というパターンを毎回利用しています。

 

新作映画は公開2日前から予約できます。大半の映画は土曜日に公開するため、予約は木曜日から。

 

お目当ての映画があれば木曜日の朝に「ムビチケ購入&座席予約」がお決まりのパターンです。

 

私が映画を見るのは、いつも中央のど真ん中の席。どんな大人気映画だろうが、このやり方で特等席を取れなかったことはありません。

 

子供の頃、映画を見るために長蛇の列に並んだのは遠い昔の思い出です。

 

ムビチケはamazonでも購入できますよ!

 

 

ムビチケの欠点

 

ただし、ムビチケにも欠点があります。

それは

 ・買えるのは映画公開日前日まで

 ・対象映画館が限られている

 

気になっている映画があれば迷わず購入しましょう。

 

特に後者は致命的です。行く予定の映画館が対象かどうか、事前に必ず確認しましょう。

対応劇場 | ムビチケ

 

デイリーPlusや株主優待など、映画を安く見る方法はたくさんありますが、正直どれも面倒です。誰でも気軽に使えるムビチケが1番優秀です。 

 

シネマイレージカード

f:id:jubilove:20170722082955j:plain

出典:TOHOシネマズ公式カード シネマイレージカード

 

ムビチケがさらに優秀なのは「シネマイレージセゾンカード」と併用できること。

 

TOHOシネマズ公式であるこのカードを使って映画を6回見ると、映画1本が無料で見れちゃいます!

 

映画7回見るのに通常必要な料金は「1800円×7=12600円」

私が払っているのは「1400円×6=8400円」だけです。 

映画1回あたりだと、(8400円) ÷ (映画7本)=1200円

つまり私は映画を見るとき、1200円しか支払っていません。

 

さらには上映時間1分毎に1マイルが貯まります。溜まったマイルは「ポップコーン」や「1ヶ月フリーパスポート」と交換できます。

 

「映画のフリーパス」なんてワクワクしますね!

f:id:jubilove:20170722083007j:plain

 

シネマイレージカードは初年度年会費無料。2年目以降は300円の年会費がかかりますが、Mastercardであれば年に1回でもショッピングかキャッシングをすれば翌年以降の年会費無料。つまり、実質年会費無料みたいなものです。

 

「TOHOシネマズ」の映画館が近くにあることが条件ですが、「ムビチケ+シネマイレージカード」が1番実用的です。映画館が定期券内にあると更にお得ですね。

 

映画を安く見れる日

f:id:jubilove:20170722083020j:plain

 

さてさて、「ムビチケ+シネマイレージカード」さえ知っていれば充分ですが、もう少し安く見れる日もあります。

 

日にち 
系列
1日 TOHOシネマズ、
ワーナーマイカルなど
10日 109シネマズ系列
14日 TOHOシネマズ系列
20日 MOVIX系列
20日・30日  イオンシネマ

 

これらの日は映画を「1100円」で見ることができます。

 

私は「TOHOシネマズ」の映画館しか利用しないので、「1日」と「14日」が対象ですね。この2日間だけはムビチケを使いません。

 

私は忘れないようにiPhoneのカレンダーに「繰り返し設定」で登録しています。

 

全ての映画館の割引デーを覚えておくとお得に感じますが、映画館への交通費の方が高額になってしまうこともあります。よく使う映画館の割引デーだけメモしておきましょう。

 

こちらも「シネマイレージセゾンカード」と併用できます!

 

映画を安く見れる曜日

f:id:jubilove:20170722083031j:plain

 

さてさて、他にも1100円で映画を見る方法はあります。

 

日にち 
系列

イオンシネマ系列

TOHOシネマズ(auスマートパス)

シネマート(メンズデイ)

イオンシネマ

(dポイントクラブ加入者)

TOHOシネマズ(レディースデイ)

イオンシネマ(サンクスデー)

ユナイテッドシネマ

(CLUB-SPICEカードの提示)

 

どれもお得ですが、私はその恩恵にあずかったことはありません。

 

なぜなら、私が映画を見る日は大半が土曜日だからです。

土曜日といえば新作映画が公開される日。平日まで待つのは映画好きには無理です。

 

そもそも映画は見たいときに行くのが1番。安くなるからといって、わざわざ待つのは時間の無駄です。

 

だから私はauマンデイに興味を持ったことがありません。通常1200円で映画を見れるのに、わざわざ1100円になるまで待つ理由がありません。

 

「映画を見たかった日がたまたま割引デーだった、ラッキー♪」くらいの気持ちで利用しましょう。

 

映画を安く見れる時間帯

 

20時以降は「レイトショー」として映画の料金が安くなります(1300円)。

 

しかし私が通う映画館は残念ながら対象外なんです…。

とはいえ、ムビチケと料金がほとんど変わらないので全く気になりませんが。

 

その他の映画を安く見る方法

 

さて、他にも映画を安く見る方法はたくさんありますが、コンビニでの発券や映画館での交換が必要だったりと不便なものばかりです。

 

新作映画を映画館で予約するのは賢い方法とはいえません。せっかく映画館まで足を運んだのに満席だったなんてことはザラにあります。2日前から始まっている事前予約組には絶対に勝てません。

 

実は会社の福利厚生で「ベネフィットワン」というサービスが利用でき、この方法だと1300円で映画を見ることができます。しかし、上記の理由から、私はムビチケを利用しています。

 

その他、1200円以上かかる割引サービスは論外ですね。

 

映画を安く見る方法まとめ

f:id:jubilove:20170722083045j:plain

 

それでは、映画を安く見る方法をまとめます。

 

 ・映画公開前日までにムビチケを購入

 ・TOHOシネマズならシネマイレージカード 

 ・割引デーも上手に活用しよう!

 

素敵な映画ライフを送ってくださいね!

 

▼ムビチケ公式

mvtk.jp

 

▼ムビチケはamazonでも購入できます。