みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高22万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

甲子園(高校野球)を無料で観戦する方法

▼おすすめ記事Kindle paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

f:id:jubilove:20170815223207j:plain

 

いきなり結論から入りますが、『甲子園(高校野球)の外野席は無料』です!

 

私も今年、初めて甲子園に行ってきましたが、外野席で楽しく高校野球を観戦することができました!

 

初心者でも安心。

 

甲子園開催時期に大阪・神戸に旅行されている方はぜひ甲子園観戦をご検討ください!

 

 

 

甲子園料金表

f:id:jubilove:20170815220312p:plain

出典:第99回全国高等学校野球選手権大会

 

 席種類
一般
こども
中央特別自由席
2000円
一塁特別自由席
1500円
600円
三塁特別自由席
1500円
600円
一塁アルプス席
600円
三塁アルプス席
600円
外野席
無料

 

こちらが甲子園の当日券の料金表です。

高校スポーツということで、いずれも低価格ですね。

 

両校の応援団が座るエリアがアルプス席です。

 

ご覧の通り外野席は『無料』です。

どの席でも、その日行われる全試合を観戦できます。

 

内野席も料金が安いですが、朝から長蛇の列に並ばなければいけません。

 

その日の試合数にもよりますが、甲子園の開門時間(=チケット販売開始時間)は6:30〜7:00。

 

もちろん開門時間より早く列に並んでいる人がたくさんいます。

 

甲子園初観戦の場合は外野席にした方が良いでしょう。

 

【発売日】
試合当日(球場開門と同時に発売)
【発売場所】
阪神甲子園球場 入場券発売窓口
※最終試合の4回終了後は大会本部窓口で発売

 

▼内野席の争い…

 

外野席は何時にいけば良い?

f:id:jubilove:20170815223004j:plain

 

確実なことはいえませんが『開門時間』に甲子園に到着すれば余裕をもって外野席で観戦することができます。

 

私はお盆真っ盛りの8月14日、地元関西から2校が出場する日に観戦しましたが、7時頃に甲子園に到着し、余裕を持って観戦できました。

 

ただし、「プロ注目選手の出場試合」や「人気校同士の対戦」が組まれる場合は、もっと早く行った方が良いでしょう。

 

甲子園の外野席に入場できなければ、試合が終わって帰る人を延々と待たなければいけません。

 

真夏に外で待つのは大変です。余裕を持ってでかけましょう。

 

 

甲子園はアクセス抜群

f:id:jubilove:20170815223055j:plain

 

私も驚きましたが、甲子園はアクセス抜群なんです!

 

阪神梅田駅から特急13分、急行16分

大阪難波駅から急行20分

神戸三宮駅から特急18分、急行19分

 

ご存知の通り甲子園があるのは兵庫県。

それにも関わらず、大阪の中心地である梅田駅からわずか13分です!

 

神戸の中心三宮からもわずか18分。

甲子園を遠いと思ったらダメですよ!

 

甲子園観戦時の注意

f:id:jubilove:20170815223031j:plain

 

内野の一部の席を除いて、甲子園に屋根はありません。

 

強烈な日差しを延々と浴びることになります。

 

飲み物

帽子

タオル

うちわ

日焼け止め

 

これらは必須といえそうです。

 

特に飲み物は甲子園でも販売していますが、いわゆる『甲子園価格』です。500mlのペットボトル1本250~300円ですので、事前にお買い求めください。

※生ビールは650円

 

とはいえ、甲子園の席は非常に狭いので、隣の人の迷惑にならないよう、荷物は極力コンパクトにまとめましょう。

 

 

また、無理して全試合観戦しない方が良いと思います。

 

私は4試合中2試合を観戦しましたが、いずれの試合も9回にドラマがあり、充分に楽しめました。

 

甲子園はトイレも大混雑するため、休める場所はありません。

 

熱中症の恐れもありますのでご注意ください。

 

 

甲子園グルメ

 

せっかく甲子園に来たのであれば、甲子園名物グルメも楽しんでください!

 

 

 

甲子園観戦のまとめ

f:id:jubilove:20170815223207j:plain

 

甲子園初観戦時の注意点は以下のとおりです。

 

外野席は無料

開門時間には甲子園に到着しよう

飲み物必須

荷物はコンパクトに

無理して全試合観戦しない

 

筋書きのないドラマがここにある!

 

甲子園観戦を楽しんでくださいね!