みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高18万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

ゆとり世代が「この世界の片隅に」を見て気になった3つのこと

▼おすすめ記事Kindle paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

f:id:jubilove:20170121011931p:plain

2017.1.21更新

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。 

今日は大ヒット中の映画「この世界の片隅に」を見てきました。

konosekai.jp

 

2016年11月に公開されてからクチコミにて徐々に広がり、「君の名は」に並ぶ2016年の2大映画作品とも評されています。

 

この物語の舞台は1933~1944年頃の戦時中ですが、平成生まれのゆとり世代には理解できないシーンが数多くありました。

 

 

 

出会ってない人と結婚するの?

 

この物語の主人公である、すずさんは19歳で結婚します。この年齢での結婚は現代でも珍しくはありませんが、私が気になったのは結婚に至るまでの過程です。

 

映画のワンシーン(セリフは雰囲気で)

おばさん「すずちゃんをお嫁にもらいたいって男の人が会いに来てるわよ!」

すず「えっ、聞いたことない人だけど誰?」

 

本人に話さずにいきなり親に結婚を依頼?しかも出会ったことがない人と?

 

嫁と緻密に相談してから相手の親に結婚の承諾をお願いした私には理解できないことであり、当時の様子について調べてみました。

 

 

戦時中の結婚事情

 

f:id:jubilove:20170103222916p:plain

戦時中は恋愛による結婚は少なく、殆どがお見合いでした。そのお見合いも、本人同士ではなく父親同士の話し合いで決まっていたようです。

 

この映画の中でもすずさんと相手の周作さんが直接お見合いする場がなかったにも関わらず結婚が決まりました。

 

更に戦時中だったこともあり、戦地へ出かける男性を急いで結婚させる「取り決め婚」が多かったようです。

 

うーん、信じられません!この時代ではのびたくんがしずかちゃんと結婚することも、悟空がチチと結婚することも難しそうです。

 

相手の親とさえ仲良くなれば、美人な女の子と結婚できたかも…

 

防空壕って熱いの?

 

戦時中の映画ということもあり、空襲のシーンが頻繁に登場します。

 

空襲警報が発令されると防空壕に逃げ込みますが、避難してからも「熱い、熱い」と熱さに耐える姿が描写されていました。

 

防空壕って銃弾を避けるためのものではないの?

 

空襲の目的

 

f:id:jubilove:20170104004014p:plain

何も知らない私は、防空壕を「銃弾を避けられる無敵の場所」だと勘違いをしていました。

 

しかし、空襲に使用されたのは銃弾でも爆弾でもなく、M69というナパーム弾でした。この兵器は対象を焼き払う目的で使用されます。

 

ナパーム弾は一度火がつくと化学反応で燃焼を続けます。水をかけても効果がなく、消火するには大量の砂を用意するしかないとのこと。

 

空襲で火がついた後、どうして消火しないのかも気になっていましたが、防ぐ方法がないということですね。残酷…。

 

そして、焼き払うのが目的のため、防空壕に入っていても近くにナパーム弾が落ちたら蒸し焼きになってしまったようです。実際に、防空壕の中で火災の熱や酸欠で死亡した人も多かったそうです。

 

空襲を受けたら、近くにナパーム弾が落ちないよう祈るほかなかったということですね…

 

クラウドファンディングってなに?

 

f:id:jubilove:20170104005224p:plain

 

映画本編が終了し、エンドロールで「クラウドファンディングに協力した人」の名前が次々と映し出されました。エンドロールでこのような描写を見るのは初めてだったので結構な衝撃を受けました。

 

この人たち何者なの?

 

クラウドファンディングについて調べてみた

 

f:id:jubilove:20170103230140p:plain

クラウドファンディングとは何らかのプロジェクトを行いたい人がお金を集める方法です。

 

お金を集める方法としては銀行からお金を借りたり、株券を発行してお金を集めう方法がありますが、クラウドファンディングではインターネットを通じて不特定多数の人に資金援助をお願いします。

 

資金を提供する人にも勿論メリットがあり、様々なリターンを得ることができます。

 

「この世界の片隅に」のクラウドファンディング効果

 

www.makuake.com

 

この世界の片隅にでは2160万円の募集に対して、3912万円の資金提供がありました。

 

一番安いコースで2160円から援助することができ、制作支援メンバーへの登録とすずさんからの手紙を受け取ることができます。

 

 

エンドロールに名前が登場するのもリターンの1つで、10800円の資金援助で名前を載せることができます。贅沢なお金の使い方ですね。

 

さらにさらに 、より高額な資金を援助することでより目立つ箇所に名前を乗せることができます。日本全国の目立ちたがり屋さんはどうぞ!

 

ちなみに、108万円コースにはひとりの募集もありませんでした。もし、応募していたらかなりの宣伝効果があったでしょうね。

 

クラウドファンディングのポータルサイト

 

クラウドファンディングは「CAMPFIRE」というサイトから探すことができます。

 

他にもスイーツ下着をつくったり、トラックハウスをつくってホームレスになるプロジェクトなど、ユニークなプロジェクトがたくさん見つかりますので、気になる人は是非のぞいてみてください。

 クラウドファンディング - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

世界一周プロジェクトでも立てちゃおう!

 

以上、「この世界の片隅に」を見て、ゆとり世代が気になった3つのことでした!

 

ぜひ読者登録&フォローをお願いします!