読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高10万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

ジュビロサポーターが交通費を節約する方法をまとめてみた

▼おすすめ記事【まだDAZNに不満なの?】Fire TVとFire TV Stickを実際に購入して比較してみた

f:id:jubilove:20170218105214p:plain

 

  ・アウェイ戦にたくさん行きたい!

  ・東京からヤマハスタジアムに通いたい!

  ・とにかく遠征費を節約したい!

という方にこの記事はオススメです♪

 

大好きなJリーグ、1試合でも多くスタジアムで観戦したい。サポーターなら自然な感情ですよね!

 

そんなJリーグサポーターの頭を悩ませるのはやっぱり"お金"。チケット料金はもちろんですが、それ以上に大きい出費が"交通費"です。

 

そんな交通費を少しでも節約する方法を紹介します!

 

1試合でも多くスタジアムで応援しましょう!

 

 

ジュビロサポーターの移動手段

 

サポーターの移動手段は主に4つ。

① 新幹線

② 在来線

③ LCC

④ 高速バス

 

この中から、目的地と試合開催時間、観光意欲などを考慮して移動手段を選択します。

 

近所にサポーター仲間が住んでいれば、自家用車も選択肢の1つになると思いますがここでは除外します。

 

移動手段①新幹線

 

f:id:jubilove:20170218011322p:plain

 

料金を気にしなければ、最強の移動手段はやっぱり新幹線です。

 

なんといっても速い!

 

毎週末各地に出かけるサポーターにとって、移動時間を短縮できる新幹線は有効な選択肢の1つです。遅い時間まで観光を楽しむこともできます。

 

新幹線代を節約できる数少ない方法が「ぷらっとこだま」です。

 

f:id:jubilove:20170218005223p:plain

出典:ぷらっとこだま|JR東海ツアーズ

 

ぷらっとこだまはJR東海ツアーズが運営する旅行サービス。利用できるのは「東海道新幹線(東京⇄大阪間)」かつ「こだま」のみです。

 

「東京⇄浜松」間の新幹線料金は通常¥8290ですが、ぷらっとこだまを利用すると¥6500まで安くなります。

 

往復¥3580の節約です。チケット1枚分お得ですね!

 

ただし、ぷらっとこだまにも欠点があります。

・キャンセルができないこと

・乗車の5日前までに予約する必要があること

 

また、「ひかり」や「のぞみ」を利用できないため、新幹線最大の魅力である「移動時間の短さ」が薄れているのが気になります。

 

「疲れたくない」かつ「少しでも安く移動したい」方は「ぷらっとこだま」をご利用ください。

 

 

移動手段②在来線

f:id:jubilove:20170218102758p:plain

通常期

 

新幹線を除くと最もポピュラーな移動手段が在来線です。時間はかかりますが、新幹線を使うよりは安く移動できます。

 

欠点は、混雑していた場合は長時間立ちっぱなしのこと。特に磐田⇄東京を在来線で移動する場合は意外と混雑しています。

 

試合後に疲れている状況で長時間立ちっぱなしはツライですよね。

 

最強の節約手段:青春18切符

f:id:jubilove:20170218103843j:plain

 

そんな欠点が目立つ在来線ですが、青春18切符を利用すると最強の節約手段になります。

 

ご存知の方も多いと思いますが、JRであれば1日¥2300で乗り放題です。(5回分セット¥11850)

 

私は大学生の頃、青春18切符を利用して仙台から12時間かけて磐田に帰省していました。おかげさまで東京⇄磐田の移動がだいぶ楽に感じるようになりました笑

 

日中の試合であれば、関東在住でも5000円以下で観戦できます!

朝:東京→磐田へ移動(¥2300)

昼:試合観戦(¥2250)

夜:磐田→東京へ移動(¥0)

  

青春18切符はいわゆる長期休み期間のみ利用可能です。

(春季用)H28.3.28 ~ H28.4.10

(夏季用)H28.7.20 ~ H28.9.10

(冬季用)H28.12.10 ~ H29.1.10

1年中利用できたら幸せなんですけどね。

 

2017年のJ1リーグ戦で青春18切符が利用できるのは、春期が5試合、夏季が7試合の合計12試合です。

 

節約したいサポーターの強い味方となってくれるのは間違いありません。

 

 

移動手段③LCC

f:id:jubilove:20170218102848p:plain

 

遠隔地の場合、最もお得な移動手段がLCCです。

LCCのおかげで飛行機での移動が身近になりました。

 

2017年、LCC利用を調べる価値のある試合は下記の5チームです。

・サンフレッチェ広島(成田→広島 ¥6250~)

・サガン鳥栖(成田→福岡 ¥6390~)

・コンサドーレ札幌(成田→新千歳 ¥4490~)

・ガンバ大阪(成田→関西 ¥2980~)

・セレッソ大阪(同上)

※仙台空港、新潟空港発着のLCCは少ない  

※( )内は料金最安値の目安です。時期によって変動するのでご注意ください。

 

LCCの料金は下記のサイトから簡単に調べることができます。

格安航空券予約ならエアータウン

 

 

ガンバ大阪の吹田スタジアムは伊丹空港からモノレール1本で行けるため便利です

 

伊丹空港からはLCCがほとんどないためANA/JAL利用が基本ですが、新幹線と料金はほぼ変わりません。自宅から空港が近い方はオススメします。マイルも貯まりますしね!

 

f:id:jubilove:20170218091314j:plain

出典:市立吹田サッカースタジアム案内

 

LCC利用の難点は空港までの移動時間がかかることです。それでも、札幌戦や鳥栖戦はLCCが1番お得かと思いますので、ぜひご検討ください。

格安航空券予約ならエアータウン

 

移動手段④高速バス

f:id:jubilove:20170218010911p:plain

安い!といえばやはり『高速バス』でしょう。

 

私はこちらのサイトを使って検索しています。

最安値がすぐ分かる!高速バスの 比較・検索なら【バスブックマーク】

 

高速バスのメリットは次の4点です。

① 乗り換え不要

② 確実に座れる

③ 乗車地までの移動が簡単

④ 夜までゆっくりできる

 

メリット①②乗り換え不要&確実に座れる

 

また、在来線は混雑していることが多いため、運が悪いと長時間立ちっぱなしです。

 

ようやく座れたと思っても、数時間毎に乗り換えが必要なため落ち着きません。その点、高速バスはずっと座っていられるのでラクチンです。

 

メリット③乗車地/降車地へのアクセスが楽

 

高速バスの乗り場は主要駅近辺にあることが多いため移動が簡単です。

 

飛行機と比較すればその差は歴然。LCCの料金自体が安くても、空港への移動料金が高ければ意味がありません。

 

メリット④夜までゆっくり観光できる

 

もう1点高速バスがオススメな理由は「ナイトゲーム」後もゆっくりできることです。

 

せっかく遠くまで遠征したのであれば、遅い時間まで観光したいですよね?

夜行バスは出発時間が遅いので、日付が変わるギリギリまで観光を楽しめます。

 

 

ホーム、ヤマハスタジアムの場合も同様です。

 

磐田→東京の終電は新幹線を利用しても21:33。ナイトゲームの場合は試合終了後に慌ててスタジアムを去る必要があります。

 

「勝利は続くよどこまでも」を歌うことも、選手と触れ合うこともできません。サッカー観戦で1番の醍醐味を味わえずに帰るのはもったいないです。

 

浜松から出発している夜行バスを利用すれば時間に余裕があるため、スタジアムでゆっくり勝利の余韻に浸ることができます。

 

もちろん夜行バスの場合は翌日がツライので、利用される際は自分の体調と相談してください。

 

まずは料金検索してみましょう!

最安値がすぐ分かる!高速バスの 比較・検索なら【バスブックマーク】

 

交通費を節約する方法まとめ

 

それではジュビロサポーターが交通費を節約する方法をまとめます。

① 空港が近く、開催地が遠方の場合はLCC

② 高速バスと在来線を比較し、安い方を利用

③ 利用期間内であれば青春18切符を利用

④ 疲れていたら迷わず新幹線を利用する 

(安さ優先ならぷらっとこだまを利用する)

 

節約ばかり意識しているとストレスになってしまうので、たまには新幹線を利用して体を休めましょう♪

 

▼ぷらっとこだまの予約はこちら

ぷらっとこだま|JR東海ツアーズ

 

▼LCCの検索はこちら

格安航空券予約ならエアータウン

 

▼高速バスの検索はこちら

最安値がすぐ分かる!高速バスの 比較・検索なら【バスブックマーク】

 

▼ホテルを予約して観光を楽しみたい方はこちら

一休.com

 

 

 

以上、ジュビロサポーターが交通費を節約する方法でした。

 

スタジアムでジュビロを応援しましょう!