読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高10万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

川又堅碁がジュビロ磐田の新エースとして輝くために

▼おすすめ記事【まだDAZNに不満なの?】Fire TVとFire TV Stickを実際に購入して比較してみた

f:id:jubilove:20170304190923j:plain

2017/03/20更新

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

ジュビロ磐田を18年間応援しています。

 

2016年11月29日、川又堅碁選手のジュビロ加入が発表されました。

 

過去2シーズンで34ゴールをあげた”絶対的なエース”ジェイ・ボスロイドの退団により、FWの補強が急務だったジュビロにとって大きな補強であるのは間違いありません

 

川又選手といえば、1シーズン23ゴールを記録した新潟時代の印象が強く、名古屋では2シーズン半で18ゴールと不本意な成績に終わっています。

 

ジュビロ磐田で再び輝くために、川又選手の得点パターンを調べてみました。

 

 

川又堅碁の略歴

 

f:id:jubilove:20170121005836j:plain

 

2008年、高卒ルーキーとしてアルビレックス新潟に入団します。

 

新潟ではなかなか出場機会が得られませんでしたが、2012年にレンタル移籍先の岡山で18ゴールとブレイク。新潟に復帰した2013年に23ゴールをあげベストイレブンに選出されます

 

順調にステップアップを果たしますが、翌年出場機会が激減。真相は未だ不明ですが、戦術変更による優先順位の変化や移籍問題でクラブと揉めたことなどが噂されています。

 

結局シーズン途中に名古屋グランパスに移籍。その後、日本代表に選出され、2015年は9ゴールと復活の兆しをみせます。

 

しかし、2016年は名古屋・シモビッチに1TOPのポジションを奪われてしまいます。シーズンを通して途中出場の試合が続き、年間5ゴールに止まりました。

 

ちなみに、川又が高校生のときに一番最初に声を掛けたのがジュビロだったとのこと。大久保グラウンドでの練習経験もあります。何かの縁を感じずにはいられません。

 

川又堅碁の得点パターン

 

youtubeのゴール集から川又選手の得点パターンを探ってみました。

 

www.youtube.com

 

その風貌からゴリゴリのフィジカル系のイメージを持っていましたが、身体能力任せのゴールは少なく、動き出しで勝負するタイプのFWです。

 

得意なのは相手DFの視野から消えるプレー

サイドにボールを預け、相手選手の視線から外れたところで動き直し、急激にスピードアップ。危険なエリアに飛び込みます。

 

相手DFより一歩早くクロスボールに触って決めた得点や、フリーでボールを受けて冷静にゴールに流し込む得点が目立ちました。

ここだけ読むと、まさに前田遼一ですね。

 

競り合った相手をはじきとばして決めるシーンはそれほどありませんでした。それでもイーブンボールの競り合いには強さをみせています。

 

川又堅碁が得点を量産するには

 

ポイントは素早い展開からのクロスショートカウンター。2トップにシステム変更するとさらに活躍できそうです。

 

新潟・名古屋時代の得点もほとんどが相手DFの陣形が整っていない段階で決めたゴールでした。そして、ここはジュビロ攻撃陣が苦手とするところであり、改善が不可欠です。

 

2016年、ジュビロの攻撃はジェイをめがけたサイド攻撃が持ち味でしたが、そのほとんどは相手DFがセットした状態からのクロスボールでした。

 

どんなにジェイが空中戦に強くても、相手DFが余裕を持って待ち構えている状態では得点を奪うのは簡単ではありません。

 

ジュビロの攻撃は素早いとはいえず、サイドプレイヤーのアダイウトンや太田吉彰もクロスをあげるまで時間がかかりがちです。

 

 

川又を熱心に口説いた名波の手腕に期待したいところですが、2016年と似たような戦いが続くようであれば「ショートカウンター」が唯一のゴールパターンとなりそうです。

 

新潟時代も、チームの戦術が「堅守&素早いショートカウンター」から「ポゼッション(遅攻)」に変わったタイミングで出場機会を減らしています。 

 

ハイペースで得点量産!…とはいかなそうですが、それでも現FW陣でNo.1のストライカーであることは間違いありません。

 

持ち味である相手DFから消えるプレーを活かすためにも、2トップへのシステム変更は当然名波も考えていると思います。

 

ジェイを切る決断をした名波ジュビロのアタッカー陣が生まれ変わることを期待しましょう!

 

川又堅碁の2017シーズン

 

早速第3節で、ストライカーらしいゴールを決めてくれました!

1~2節とチャンスを多く逃していただけに、本人にとってもサポーターにとっても嬉しいゴールとなりました!今後の量産に期待しましょう!

 

▼川又がジュビロ加入の想いを語ってくれています。


ジュビロTV #265 川又堅碁~信念@2017年3月2日O A

  


ジュビロTV #266 川又堅碁~FWとして@2017年3月9日O A

 

最後に

 

昨年のナビスコ杯で川又に決められたシーンです。川又選手の動き出しの巧さが現れています。

 

小川大貴はまったくついていけず、渚のポジショニングも中途半端でしたね…。

 

www.youtube.com

 

 

ぜひ読者登録&フォローをお願いします!