読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高10万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

復帰か残留か 川辺駿の決断と広島のボランチ事情

▼おすすめ記事【まだDAZNに不満なの?】Fire TVとFire TV Stickを実際に購入して比較してみた

f:id:jubilove:20170320102459j:plain

 

こんにちは、ゆとりーまんのらいと(@jubilove9)です。

ジュビロ磐田を18年間応援しています。

 

今回は、動向が気になる川辺駿選手についてです。

 

広島の天皇杯敗退により、ついに広島の移籍情報が解禁となりました。明日にもハヤオの移籍情報がリリースされる可能性があります。

 

ハヤオはレンタル2年目を終了し、広島復帰が濃厚と考えられていました。しかし、広島の地元紙・中國新聞にてレンタル延長との報道があり行方がわからなくなっています。

 

広島復帰か、レンタル延長か。それを考える上で重要なサンフレッチェ広島のボランチ事情について改めて整理しました。

 

2016/12/27追記 川辺駿選手のレンタル延長が決まりました!ありがとうハヤオ!

 

 

 広島のボランチ事情 

 

広島の基本フォーメーションは変則的な3-4-2-1。ボランチは2人です。来期も森保一監督が指揮をとるため、継続は間違いありません。

 

まずは、一昨年シーズンのボランチの出場記録をみてみましょう。

 

J1を制したこのシーズン、MVPを受賞した青山と森崎和が不動のレギュラーとして君臨していました。2016年、リオオリンピックを控えたハヤオが出場機会を求めてレンタル延長したのもうなずける状況です。

 

  • 青山 敏弘(29) 33試合
  • 森崎 和幸(34) 33試合
  • 丸谷 拓也(26) 2試合

 

この状況が2016年になると一変します。

サンフレッチェ広島の2016年の順位は6位。

ACLもあり、シーズンを通して怪我人の多さに泣かされました。

 

f:id:jubilove:20161226221519j:plain

 

ボランチを務めたのは主に4人。最多が青山の25試合であることから、絶対的な軸が不在だったことは明らかです。

 

  • 青山 敏弘(30) 25試合
  • 丸谷 拓也(27) 18試合
  • 森崎 和幸(35) 16試合
  • 宮原 和也(20)   6試合

 

青山はまだまだやれると思いますが、森崎和幸は来年36歳。

広島のボランチが世代交代の時期にさしかかっていることがわかります。

 

 

次は今シーズンのボランチの補強動向について整理してみましょう。

 

  • IN   稲垣 祥(24)  ヴァンフォーレ甲府 濃厚
  • OUT 宮原 和也(20)  名古屋グランパス  決定

 

獲得が濃厚とされる甲府の稲垣は日本代表入りも噂された逸材です。ハヤオが広島に復帰する場合、森崎和&稲垣とのポジション争いに勝つ必要があります。ボランチのポジションは保障されていません。

 

 

ただ、攻撃性能が高い川辺ですから、3-4-2-1のシャドーストライカーの位置で起用される可能性もあります。このポジションの出場データは以下の通り。

 

  • 柴崎 晃誠 34試合
  • 茶島 雄介 14試合
  • 浅野 拓磨  6試合
  • 宮吉 拓実  6試合
  • アンデルソンロペス 4試合 

 

柴崎の相方は固定できていません。新加入のフェリペがどこで起用されるかはわかりませんが、広島復帰後に出場機会が激減する可能性は低そうです。

 

仮に稲垣を獲得した場合でもボランチの層が厚いとはいえず、広島としてはハヤオ復帰を要請するのは当然の選択肢といえそうです。

 

磐田残留の場合

 

一方、ジュビロに残留した場合は出場機会が保障されています

f:id:jubilove:20161226221542j:plain

中村俊輔の獲得に失敗した場合、トップ下のファーストチョイスとなるのは確実です。

 

ボランチには元ウズベキスタン代表のムサエフや大分の10番 松本昌也が加入しますが、ジュビロでの実績はハヤオの方が上。宮崎が左SBで起用されることも考えると、ここでも出場機会は高そうです。

 

昨シーズン前半のようにコンディションを崩したりしなければ、全試合出場も夢ではないでしょう。

 

 

広島復帰、磐田残留それぞれのメリット

 

最後に復帰 or 残留、それぞれのメリットを書き出してみました。

 

[広島復帰]

・メリット

 −優勝争いができる可能性がある
 −2015年MVP 青山のプレーを間近で学べる
 −名将 ポイチの指導を受けられる

 

・デメリット
 −出場機会が保障されていない


[磐田残留]

・メリット

 −出場機会が保障されている

 −ジュビロのエースになれる可能性がある

 −(中村俊輔とプレーできる?)


・デメリット

 −上位争いは難しい

 −戦術幅の上積みが難しい

 

 

さあ、条件は出揃いました!

磐田・広島共にオファーを出していることは間違い無く、最後に決めるのはハヤオ自身だと思います。

 

どちらを選んでも勿論わたしはハヤオを応援します!

川辺駿の決断に注目しましょう!