みぎいろ!

27歳のゆとりーまんがひたすらスキなコトを書き続けます。るってぃブログコンサル受講生。月間最高22万PV。2017ジュビロリーグ戦全試合観戦予定。

【感想】スパイダーマンがビルを飛び移るシーンが立体機動装置にしか見えなかった

▼おすすめ記事Kindle paperwhiteマンガモデルを買う前に知っておきたいこと

f:id:jubilove:20170724232957j:plain

 

27歳から始めるスパイダーマン講座へようこそ!

映画公開から15年、ようやく『スパイダーマン』を見ました。

 

アマゾンプライムビデオが無料配信していたから見たものの、うーーん微妙!笑

 

なぜこの映画が大ヒットしたのか全くわかりませんでした。アメリカ人こういうの好きなの?

 

正統派アメリカンヒーロー映画って感じでしたが、主人公が覆面ヒーローだった以外はあんまり印象に残っていません。

 

スパイダーマンの映画シリーズは現在までの6本公開されています。

 ① スパイダーマン

 ② スパイダーマン2

 ③ スパイダーマン3

 ④ アメイジング・スパイダーマン

 ⑤ アメイジング・スパイダーマン2

 ⑥ スパイダーマン:ホームカミング 

 

こういったシリーズ物は最初か最後が1番面白くて、途中はつまらない作品が多いのですが、スパイダーマンは最初から微妙でした。

 

それでも、驚愕のキスシーンなど、印象的な場面もありましたので振り返ってみます。

 

 

 

スパイダーマンの良かったところ

 

まずは「スパイダーマン」の面白かったシーンを振り返ります!

 

逆さマスク半分脱がしキス

 

ナニコレ?

 

「逆さづりになった覆面ヒーローのマスクを半分だけ脱がしてキス」

 

「どんな変態プレイだよ!」って吹き出しました!

あんなん見たことねーよっ、てか誰もマネできないよ!

 

覆面ヒーローのマスクを半分だけ脱がすのは他の映画でも探せばあるかもしれませんが、逆さ吊りとは…。

 

スパイダーマンだからこそできる芸当です。MJがマスクを最後まで脱がさなくてよかったよね。あのシーンはハラハラドキドキさせられました。

 

 

アメリカ版立体機動装置

 

スパイダーマンといえば、クモの糸でビルを飛び移るシーンが有名ですよね!高所恐怖症の私には絶対にマネできませんが、爽快なシーンでした。

 

さて、2002年のアメリカでは新鮮に映ったこの光景ですが、2017年の私はこう思いました。

 

 

コレ、進撃の巨人の立体機動装置だ!

 

わからない人は『進撃の巨人』を読んでください!めっちゃ面白いんで!

 

建物や木を飛び回る調査兵団とスパイダーマンが私の中で完全にシンクロしました。残念ながらこの世界に巨人は出てきませんが。

 

それにしても気持ち良い飛びっぷりでした。目撃者多そうだけど。

 

 

 

スパイダーマンの不満

 

続いてスパイダーマンへの不満を語っていきます。

 

悪役に魅力がない

 

さてさて、ヒーローものといえばカッコイイ悪役のそれっぽいセリフに倫理観を惑わされるのがあるあるです。

 

しかし、スパイダーマンの悪役である「グリーンゴブリン」はなかなか小者でしたね。

 

まず、姿がダサイ。

初登場シーンはビビりました。日本のヒーロー戦隊「◯◯レンジャー」の敵の下っ端のようなキャラクターがハリウッド映画で登場するとは。

 

スパイダーマンの制作費は相当な金額みたいですが、なぜ悪役のコスチュームにもっとお金をかけなかったのか全くの謎です。

 

 

また、グリーンゴブリンの目的もイマイチですよね。

「人体パワー増強実験」に失敗しただけで、なぜあんなに中途半端な人格になってしまったのか。

 

そのまま暴れ回るなら理解できます。完全な悪役になるのも理解できます。

 

ノーマンは理性を保ったり失ったりと、かなり中途半端でしたね。完全に力をコントロールしたピーターとは全く別のクモだったのでしょうか?

 

 

それでも最後の「ハリーには言わないでくれ」には父親としての愛を感じました。

 

 

ストーリーが単調

 

スパイダーマンの映画は2時間。普通の映画よりちょっと長いといったくらいでしょうか。

 

ストーリーが平坦で面白味がないので、時間以上に長く感じました。

 

ピーターがクモの咬まれ力を手にいれる

ピーターが自分の力に気づき始める

おじさんにたしなまれる

おじさんの死をきっかけにヒーローに

悪役登場

好きな人がさらわれる

悪役を倒す

 

うーん、正統派!

 

ザ・テンプレヒーロー映画って感じで意外性のあるシーンが少ないんですよ。主人公が内気な少年ってのもよくあるパターンですね。

 

「ビルを飛び移る」という能力だけで2時間もたせるのは難しいです。

 

超正統派ヒーロー映画ってのもそんなに見たことない気もするので、ヒーロー映画にすること自体は全く問題ありません。

 

しかし、印象に残っているのは例のキスシーンくらい。

見ている人への問いかけも少なく、伏線も仕込んでありません。

 

「大いなる力は大いなる責任を伴う」

そんな決め台詞もただただ普通なんです。

 

うーん、なぜスパイダーマンはここまでヒットしたのでしょうか?ネットを見ても否定的な意見の方が多いですね。

 

宣伝の上手さだけでここまでヒットしたなら大したもんです。

せっかくなんでもう数作品見てみようと思ってます。